So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
心の栄養 ブログトップ
前の10件 | -

go to Kalighart [心の栄養]

ヘルパーとボランティァの皆さんヘ


直接のふれあいを通して、

他の人たちに気づいてください。

カリガートの『死を待つ人の家』へ行って、

本からではなく、

あなたが二度と忘れることのないような環境の中で

現実の人々の、つらい、混乱に満ちた人生を、

どうぞ、学んできてください。

(女子パウロ会刊「マザー・テレサ日々のことば」より)


カリガートの『死を待つ人の家』は、身寄りもその日の糧もなく
道端に横たわり、ひたすら「死を待つ」人たちを連れてきて
入浴させ、食事を与え、
治療を必要としている人には医療施設に入院させる施設です。

助かる見込みのない人にも、最後まで人間として尊重し
孤独で固まってしまった心を和らげ暖かく見送ります。


帰国した あるボランティアの人は、
「最初はお風呂に入れて身体を洗っているうちに、汚れで湯船がぬるぬるし
申し訳ないと思うんですが、浮いてくる汚れで戻しそうになるんです」

彼女はキリスト者ではなかったが、
後に洗礼を受け、再び貧民街へと旅立った。


ボランティア活動なさっている後姿に、
被災者の感謝の言葉がこだましています。


被災地で、ボランティア活動なさっている方々、
どうぞ御身も大切になさってください。


 

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暴力は世論によって弱められる [心の栄養]

権力を持っている人たちは、人間を動かし人間を
指導するのは暴力だけであると確信している。した
がって現行の体制を維持するために思いきって暴力
を行使する。ところが現在の社会秩序は暴力ではな
く世論によって維持されるものであり、世論の動き
は暴力によって破壊される。それゆえに暴力活動は
それが支えようとしているそのもの自体の力を弱め、
それを破壊することになる。

「トルストイことばの日めくり 小沼文彦編訳」より


戦力をもって国家権力を誇示するよりも

世界の世論が誇る国であってほしい。

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

the responsibility [心の栄養]

貧しい人や困窮している人への援助は、

国だけの責任ではありません。

それは、 一人ひとりの責任なのです。

すべての人が、

自分の兄弟や姉妹の必要としていることを、

心配していなくてはならないのです。

(女子パウロ会刊「マザー・テレサ日々のことば」より)


大災害が起こると、ボランティア活動の皆さんが避難所などに
援助物資を運び、泥除けや家財道具などの片づけがはじまり、

見も知らずの兄弟姉妹が何を必要とし、
どういう援助がいるのかを身に感じ、

頭で考えるよりも行動しています。

ぼくもできることからはじめよう



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お手本と教訓 [心の栄養]

ロシア語では罰するという言葉は教訓をあたえることを意味する。

お手本を示すことによってはじめて教訓をあたえることができるのだ。

悪に報いるのに悪をもってするのは、教訓を与えているのではなくて、

隋落させているのである。

「トルストイことばの日めくり 小沼文彦編訳」より


お手本を示すことができない人は

罰する権利もないと思う。

しかし、お手本も教訓も与えることのできない人ほど
罰することには熱心な事例がある。

なくさなくてはいけない。

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

努力そのものが幸福 [心の栄養]

努力はーー

幸福を手に入れる手段ではなく、

努力そそものが幸福を与えてくれるのである。

「トルストイことばの日めくり 小沼文彦編訳」より


学校の授業、いつの間にか眠くなり知らぬ間に船をこぎだし
ハッとして目を開けようと努力するが、
意思とは関係なくいい気持になっていく。

車の免許を習得するのに、他の人の倍以上の時間とお金を費やしてやっと合格。

ラテン語とグレゴリアン聖歌を無我夢中で勉強した時代。

どれも夢中で努力をしたのを顧みれば、
「幸福」に満たされていました。

今も、健康で過ごそうと努力中!

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人に接する態度 [心の栄養]

1 老人を叱ってはなりません。
 むしろ、自分の父親と思って諭しなさい。若い男は兄弟と思い、


2 年老いた婦人は母親と思い、
 若い女性には常に清らかな心で姉妹と思って諭しなさい。

テモテへの手紙 5章1-2節


出会う人々はみな家族の延長。
お互いの存在をみとめあい、尊敬し

助け合い楽しく過ごしましょう。

IMG_7337.jpg

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

責任者の心構え [心の栄養]

1 この言葉は真実です。
「監督の職を求める人がいれば、その人は良い仕事を望んでいる。」

2 だから、監督は、非のうちどころがなく、一人の妻の夫であり、節制し、分別があり、礼儀正しく、客を親切にもてなし、よく教えることができなければなりません。

3 また、酒におぼれず、乱暴でなく、寛容で、争いを好まず、金銭に執着せず、

4 自分の家庭をよく治め、常に品位を保って子供たちを従順な者に育てている人でなければなりません。

5 自分の家庭を治めることを知らない者に、どうして神の教会の世話ができるでしょうか。

6 監督は、信仰に入って間もない人ではいけません。それでは高慢になって悪魔と同じ裁きを受けかねないからです。

7 更に、監督は、教会以外の人々からも良い評判を得ている人でなければなりません。そうでなければ、中傷され、悪魔の罠に陥りかねないからです。


テモテへの手紙1 3章1-7節


政治家は、国民の浄財である税金を
自分が懇意にしている人に都合よく使ってはいけないし
家長は家族の模範となる生活をしなければいけないと思います。

最近、指導的立場にある人の恥ずべき行為によるニュースが多すぎる感じがします。
自らの恥ずべき行為を、
平然と否定する厚顔で傲慢な指導者を
恥と思いつつ耐え忍んでいるのはつらいです。


指導者は、自分に正直であり、自分を節制し、ひとの意見を謙虚に受け止める
ことも大事な要素だと思い自戒しています。

IMG_9240.jpg

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

自分を差し出す [心の栄養]

愛するとは、

自分にとつて大切なものを

相手のために差し出すということ。

自分自身を大切に思えない人が、

どれだけ自分を差し出したとしても

それは愛ではありません。

愛はまず、自分自身を

大切にすることから始まるのです。

片柳弘史著「こころの深呼吸」より


自分を大切にしていると接していると
上手に表現できないが
人間の香ばしい臭いがして時がたつのを忘れます。

自分を差し出す臭い、いっぱいかぎたいな。

IMG_9189.jpg


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人間はすべて一人の父の子 [心の栄養]

人間はすべてーーひとりの父の子である。

したがって兄弟(姉妹)を愛さないのは不自然である。

「トルストイことばの日めくり 小沼文彦編訳」より


トルストイはクリスチャンなので、
ひとりの父とは神様をさしている。

人類皆兄弟!
仲良くしなくっちゃ。

KIMG2017.jpg

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

指導、或いは責任のある立場の人 [心の栄養]

監督は神から任命された管理者であるので、
非難される点があってはならないのです。
わがままでなく、すぐに怒らず、酒におぼれず、乱暴でなく、
恥ずべき利益をむさぼらず、かえって、客を親切にもてなし、
善を愛し、分別があり、正しく、清く、自分を制し
教えに適う信頼すべき言葉をしっかり守る人でなければなりません。
そうでないと、健全な教えに従って勧めたり、
反対者の主張を論破したりすることもできないでしょう。
(こういう人たちの中には)
実は、不従順な者、無益な話をする者、
人を惑わす者が多いのです。(テトスへの手紙1章7-9節)


()は僕が書き足したものです。

監督は、家長、責任者、為政者、先輩、会社の経営者、長男、長女、年上など
読み替えると分かり易いかもしれません。

KIMG1882.jpg

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 心の栄養 ブログトップ