So-net無料ブログ作成

長い会話、挨拶は身につかない [いろいろな思い]

長い会話が済んだならば、そこで話されたのを思い出してみるように努めがるよい。

そうすればそのうちの大部分が、

いや場合によっては口に出されたすべてのことが、

いかに空虚で不必要なものであり、

しばしば好ましくないものであったことに驚かされるに相違ない。

(女子パウロ会刊「トルストイ ことばの日めくり」より)


会話ばかりでなく

結婚式などでの来賓の挨拶、歓送迎会での乾杯のコップを持たままの

「ひとことご挨拶申し上げます」が

コップのビールの泡がなくなっても延々と続き、腹の虫も泣き出す。

教会で長い説教、法事の後のお坊さんのお経よりも長い法話。

どれも

残念ながら聴いてためになったという話の記憶はほとんどない。



nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感