So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

災いだ、不正を行うものは [心の栄養]

1 災いだ、寝床の上で悪をたくらみ 悪事を謀る者は。 夜明けとともに、彼らはそれを行う。 力をその手に持っているからだ。

2 彼らは貪欲に畑を奪い、家々を取り上げる。 住人から家を、人々から嗣業を強奪する。

旧約聖書ミカ1章1-2節

上に立つものは、民のために義を尽くすべきである。
そのために、民から権力を委託されている。

義は己を捨て、民を公平に扱い平和な生活へと導くことだと思う。
それを私利私欲、友人のために権力を使い、
そのために民を欺き、民の財産を減らす。

そのような人は災いだ、と解釈し
小さな共同体の家長としてより一層の精進を心がけます。



nice!(8)  コメント(0) 

難民に共感と支援 [共同祈願]

(神よ)
やむなく他国に逃れた人々の苦しみや不安を顧みてください。

受け入れた地域の人々の中に

共感と支援心が広がっていきますように。

聖書と典礼2017.9.24共同祈願の意向より

紛争が無くなり
他国に逃れた人々が一刻もはやく祖国に帰れますように。
nice!(4)  コメント(0) 

想いにふけゆく寝不足 [いろいろな思い]

26日は北海道の中心より上にある剣淵温泉に行った。
ホテルで出された夕食は、洋食風の懐石料理が美味しく、
普段は食事後に呑まないコーヒーを飲んだせいか
眠りが浅く、何回となく目をさましてしまった。

27日は新十津川温泉に移動し、翌日は義姉の墓参をして帰る予定だったが
夕食中に東京の本家の嫁から電話が入り、
直感でこれは何かがあったなと思い、電話にでると案の定
叔父(母の弟)が1月に亡くなっていた。
おまけに息子の従兄も亡くなっていたという。

食事が終わり、一休みしていると札幌の姪っ子から電話だ。
姪っ子から風太郎の携帯に電話が来ることは滅多にないので、胸騒ぎがした。
「夜遅くすみません。緊急のお知らせです。○○さん(三姉の旦那)が
危篤状態です」
お酒を飲んでいるし、いまは動きが取れない。
翌日対処することにして、布団に入るがあれこれと生前のことが
走馬灯のように頭の中を駆け巡り、寝返り打ってばかり。

朝食後、電話で様態を聞くと血圧70/40台だという。
病院の場所を聞いてみると、
新十津川温泉から20数キロしか離れていない赤平市立病院、
義姉の墓参を済ませ病院へ向かった。

義兄は痩せてしまい、昔の面影はない、自分で呼吸はしているが
機械で生かされいる様態だ。
姪っ子に「40年前、東京の修学旅行の時にはお世話になりました」
と挨拶されても、何を世話をしたのか思い出せない。
娘の結婚式が終わるまでは生きていて欲しいと願っていたが
23日に無事に結婚式が終わり、父に写真を見せることができた、
とても素晴らしい結婚式だったと姪っ子は喜んでいた。

帰宅して、今日はゆっくり寝ようとしたが、すぐに目を覚ましてしう。
今度電話を貰った時は、最後のお別れのときだ。

赤平市立病院の近くにいて良かった。
自宅で危篤状態の電話を貰っていてら、落ち着いてはいられなかっただろう。
神に感謝!
IMG_3917.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

北海道の名付け親 [旅行]

昨日は留萌から稚内に30km弱向かった小平に行ってきました.
天候は悪くなるし、そもそも寄る予定ではなかったので大急ぎです。
荒れ狂う海辺に建っていた像は北海道の名付け親「松浦武四郎像」でした。
IMG_3995.jpg

IMG_3996.jpg

4年前にも来ていますが、ぼんやりしていたので、
名付け親像には気づきませんでした。

nice!(6)  コメント(0) 

「波灯の女」灯台 [旅行]

「留萌」という地名は、歌詞にも出てくるのでそれなりに知られている。
日本海側にあり、海辺の景色が好きだ。
夕日が綺麗らしいが、その時間帯にはいったことがない。
留萌の波止場の一角に女性の像の灯台がある。
灯台の名前は「波灯の女」。
IMG_3653.jpg

IMG_3654.jpg

IMG_3658.jpg

IMG_3659.jpg

太陽光発電で灯りをともしているようです。

nice!(10)  コメント(0) 

日々の努力 [心の栄養]

大急ぎで一時的に

一生懸命に何かをしても、

あまり役立ちません。

ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

試験直前に徹夜でした俄か勉強
反省しています。
IMG_2728.jpg




nice!(6)  コメント(0) 

いのち [心の栄養]

いのちとは挑戦です

それに向かいましょう。

せせらぎ「いのちのうた」より

いのちとは弱いものです。
一発の砲弾で抵抗もできない何十万、
いや数え切れないいのちが奪われてしまいます。
いのちは再生できません。

いのちは弱きもの、
だから手を携えて日々生きていく挑戦でなければならない
と解釈しました。
IMG_0015.jpg

nice!(11)  コメント(0) 

謙遜の存在感 [心の栄養]

あなた方の謙遜が、

すべての人に知られるようにしなさい。

そしてできる範囲においてそれが真実であるようにしなさい。

ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より


謙遜とは目立たないが
確実に存在感があるんですね。
IMG_0307.jpg
nice!(12)  コメント(0) 

善の生活 [心の栄養]

善なるものはすべて努力によってのみ獲得される。

たえずそのことを考えている人だけが、

善の生活を送ることができる。

(女子パウロ会刊「トルストイことばの日めくり」より)

横断歩道を渡るのに困難な人に介添えをする。
道を尋ねられたら、できるかぎり分かり易く教える。
観光地で写真を撮ってあげる。など

身近で小さいな」善」と呼べるようなものでも、
努力なしではできない。

「善の生活」とは?
自分なりに考えてみた。
いつも自分を大事にし、
同じように他の人を大事にする生活ではないかと。

nice!(10)  コメント(0) 

人間としてどう生きるか [心の栄養]

人間だけが人間であるべき姿を決定するものであり、

人間は聖者にもなれれば、

動物の水準にまで下がれるのです。

PHP文庫 渡辺和子著「愛と励ましの言葉365日」より


人は振り上げた拳を下げることができるが、
動物は本能のおもむくままに襲い掛かる。

動物はあらゆるを欲をおさえることができないが
人はできる。
できない人間は動物と同じ、だと解釈しました。

nice!(9)  コメント(0) 

自衛隊基地解放 [いろいろな思い]

陸上自衛隊幌別駐屯地を毎年7月に開放し、見学できるので行ってみました。
仕事で補給処などへ入ったことがあるが、見学では始めてなので興味があり
一番乗りで行き、開場まで待った。
炎天下にも関わらず来場者は絶えない。
IMG_2999.jpg

式典が始まるまでの間、戦車に試乗した。
乘り心地はよくなく、世界に誇れる戦車は長時間乗っていると「痔」になりそうだ。
IMG_2927.jpg

IMG_2924.jpg

戦車の代わりに
IMG_2896.jpg

IMG_2895.jpg

銃の代わりに
IMG_2977.jpg

IMG_2957.jpg

砲弾の先は「死」「破壊」「絶望」「悲惨」「恨み」などがあるだけだ。

日本の自衛隊が海外派遣されても襲撃されないのは
戦車の代わりにトラクターなどの重機、銃の代わりにシャベルやスコップを持ち
荒れた道路などを整備しているからだと聞いたことがある。

それななのに、襲われたら時のためだと理由をつけて武器使用を認める法案を採決した。

口先だけは「平和」と言いながら、それを口実にして兵器を調達していく。

兵器関係会社からの政治献金を厳禁すれば、
少しは兵器調達が頭から離れるのかな、と思った。
nice!(9)  コメント(0) 

アッシジのフランシスコの平和の祈り [心の栄養]

朝の子供見回り隊に出かけようとしたら、スマフォから緊急警報の音。
北朝鮮がミサイルを発射した模様だという。
外に出るのは危険なので取りあえず家で待機、
北海道を通過したと言うので、子供見回りに出る。
通常は7時15分頃には、子供たちが数珠つなぎでやって来るのだが
今日は7時25分頃に固まってやってきた。
親たちが車で送っていく姿もだいぶ見られました。
登別市のJアラートは不具合があり残念!

ミサイル1発の代金で北朝鮮の人達の生活が
どれほど潤うのか為政者は計算しないのだろうか。
武器で世の中が平和にはならない、
ということを学習して独善的な圧力は止めて欲しい。

小学生の時に、アッシジのフランシスコの話を聞いたのを思い出した。
「悪党が果物ナイフを持つのと
アッシジのフランシスコが原爆を持つのとどちらが怖いか。
悪党は果物ナイフで襲ってくるが、
平和を愛するフランシスコは決して原爆を使わない」

アッシジのフランシスコ作と言われている「平和を求める祈り」
神よ、
わたしをあなたの平和の道具としてお使いください。

憎しみのあるところに愛を、
いさかいのあるところにゆるしを、
分裂のあるところに一致を、
疑惑のあるところに信仰を
誤っているところに真理を
絶望のあるところに希望を、
闇に光を、
悲しみのあるところに喜びをもたらすものとしてください。

慰められるよりは慰めることを、
理解されるよりは理解することを、
愛されるよりは愛することを、わたしが求めますように。

わたしたちは、与えるから受け、ゆるすからからゆるされ、
自分を捨てて死に、
永遠のいのちをいただくのですから。

マザー・テレサは、このお祈りを毎日唱えていらしたそうです。

nice!(12)  コメント(2) 

居残り風太郎夫婦

日曜日に新十津川に集まった親戚と別れて留萌に向かいました。
留萌から登別までまっすぐに帰るのはモッタイナイ、観光して帰るには
新十津川に戻り、火曜日に帰ることにした。
月曜日の夕方、新十津川に戻り鍵が置いてある秘密の場所から鍵を取り出しタダイマ!。
隣の家でミニトマトを採らせてもらい、夕食のひな数の一つに加え相変わらずの二人の夕餉。

テレビの天気予報で、明日の登別方面は大雨・波浪・濃霧などの注意報。
道中長いので無理して帰宅するのは危険と思い、延泊を決めました。
家主が居なくなり、冷蔵庫は飲み物を除いて殆どないが、
食べられそうなのをどうにか集めてお腹は大満足。

今 朝食を食べ終わったばかり、電話が鳴り妻が出ると
「朝ごはんどうした?」と隣(160m離れている)の奥さんから電話でした。
気遣ってくださりありがたい。

今朝のニュースで、昨日登別は123mmの雨が降ったと報道していたので
昨日は帰らなくてよかった。が今日は天気もよさそうなので帰宅します。
無題.png
nice!(13)  コメント(2) 

北海道にもある四七義士の墓 [旅行]

砂川市から滝川市に向かう途中で気になっていた旗と像。
四七義士の墓が北海道にあるはずがない、さて真相は?
IMG_3524.jpg

IMG_3523.jpg

IMG_3521.jpg

高輪泉岳寺でなく北泉岳寺
IMG_3519.jpg

そのいわれは下記に詳しく載っています
http://www.47gishi.com/

境内に入り右の石段を上がると墓石の群があります。
IMG_3505.jpg

IMG_3506.jpg
正面は、浅野内匠頭
IMG_3515.jpg
大石内蔵助
IMG_3510.jpg
大石主税
IMG_3512.jpg

IMG_3514.jpg
nice!(10)  コメント(0) 

新十津川方面から撮りたて(続) [旅行]

標識をまっすぐに進むとブドウ畑になります。
IMG_3342.jpg
山並みは眠気から覚めず、雲で顔を隠しています
IMG_3353.jpg

ここの葡萄酒も結構人気があり、売店や酒屋に陳列してあります。
IMG_3359.jpg

いつも朝早く(6時ころ)通るので売店はまだやっていません。
酒屋さんで買うよりも直売所で買った方が、
苦労話、造る喜びなどがきかれるので楽しい。
IMG_3356.jpg

ブドウ畑の端に植えてある花は、ブドウの病気の早期発見のためで、
花が病気になるとその一角のブドウも病気になっている可能性があるそうです。
IMG_3349.jpg

IMG_3351.jpg


標識を右折し新十津川方面の向かう途中に神内ファーム21があります
http://www.jinnaifarm21.co.jp/index.html

IMG_3374.jpg

白くて大きな牛
IMG_3365.jpg

IMG_3362.jpg

日本とは思えないコテージ
IMG_3364.jpg


nice!(13)  コメント(2) 

新十津川方面から撮りたて [旅行]

昨日から新十津川方面に来ています。
作治と違って今日は曇天で時々小雨、現在の気温は17度、
上着を持ってくるのを忘れたので、半袖で外に出るとちょっくら寒いです。

風太郎が気に入っている鶴沼公園に行ってきました。
IMG_3334.jpg

IMG_3331.jpg

ボートもまだ眠っているようです
IMG_3332.jpg

IMG_3333.jpg

湖面を眺めながらipadでアヴェマリア聞いていたら雨が降ってきました
IMG_3337.jpg

アベマリアは、同じ歌詞に何百年、いや1000年以上にわたって作曲家達が作曲したのを
あらゆる国の人たちが歌っているのも珍しい。
風太郎はシューベルトのアベマリアが好きです。
30分ほどしてから道路の反対側にある道の駅で用足して奥へ入っていきました。
IMG_3340.jpg
女便所
IMG_3339.jpg
男便所
IMG_3338.jpg

IMG_3342.jpg

あたり一面ブドウ畑です
IMG_3351.jpg
nice!(4)  コメント(2) 

無いものねだりのイカ [食べること]

今年の北海道はイカが不漁で加工業者や料理屋さんが困っていて
地域のよっては加工業者に1kg当たり100円の補助金を出している。
風太郎も今年になって「これがイカだ」というのを食べていない。
お店では見かけるが、品定めで終わってしまう。

やりイカの旬は春先だが、なぜやりイカというのか風太郎流に考えた。
なので学術的には何の意味もない。
去年、料理屋さんでやりイカを捌いてもらい、
骨を見せてもらったら、正に形が槍でした。
KIMG0052.jpg

KIMG0033.jpg

KIMG0031.jpg

白色でぐにゃりしたイカではなく、半透明で歯ごたえのあるイカで一杯呑みたいネ……。
nice!(10)  コメント(2) 

悪を避けるために [心の栄養]

いさかい、
片意地、
復讐の精神、
自愛心、
理屈、
うぬぼれ、
また面目までも、
すべて罪を避けるために犠牲にしなければなりません。
ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

物欲に溺れる、わがままを通す、独善的な行動をとる。
これらは自分の味方をなくし、敵を増やすことになる。
悪というのは見方を無くし、敵を増やすことかもしれない。
最終的には「神」を遠ざけ、敵にまわす。

少しでも味方を増やす生活をしなければ、と思う。
KIMG1321[1].jpg


nice!(9)  コメント(1) 

マザーテレサの命日 [心の栄養]

神よ、

あなたはいのちの道を示してくださる。

あなたの前にはあふれる喜び、

あなたのもとには永遠の楽しみ。

(入祭唱)

2017.8.jpg
今日のミサの初めに唱えるお祈りです。
マザー・テレサの命日の祈りにぴったりだと思います。
マザー・テレサは「神が示してくださった道」に何の疑いもなく、
謙虚に従い、虐げられている弱者のために尽くしました。
お金はありません。
しかし、沢山のひとが宗教、人種、国境を越えて援助をしてくれるようになりました。
お金がない人は奉仕活動、直接的には手助けできないが物質面で寄付してくれる人たち。

マザー・テレサは神に全面的な信頼を寄せていました。
「神が示してくださった道」だから、困ったら神が何とかしてくれる
という強い信仰は、神が協力者に声をかけられ、それは今も続いています。

協力者は日に日に増え、マザー・テレサは
神、そして神が与えてくださった協力者とともに
喜びのうちに弱者のために働き続け、
1997年9月5日
神は、疲れたマザー・テレサを永遠の光の国に引き寄せられました。

nice!(11)  コメント(0) 

良き死 [生きる]

先日、友人と洞爺湖へ日帰り温泉に行きました。
行く途中のカルメル修道院に用事があるので、立ち寄りました。
友人も、初めての経験だからと入ってきました。
聖堂に入り「アーメンはどこに向かって唱えればいいの?」と聞きましたので
「アーメンの言葉の意味は、「そうなりますように」とか、「確かに」「その通りです」
という意味ですから、祈りのあとに十字架でもいいですしマリア像、
あるいは唱えるだけでもいいです。と説明しました。

車の中で「医者から年内一杯(寿命)だから、本人に告知した方がいいと言われたが
95歳になった母親にそんなことは言えない。知らずに亡くなった方がいい」と話した。
癌が転移し手の施しようがないと医者から言われたが、本人は杖もなく元気に歩いていて
ぼく達が温泉に行くときには、玄関で見送ってくれました。

友は多分聖堂で、母親のために心の中で祈っていたのではなかろうか。
それで「アーメン」について聞いたのだと思う。

ぼくは「良き死を迎えられますように。
残りの月日をを家族とともに悔いのない日を過ごすことができますように」と祈りました。
IMG_0273.jpg
nice!(4)  コメント(0) 

カットリック信者の仕返し [心の栄養]

まことのカトリック信者のしかえしは、

侮辱した人のための

赦しと祈りです。

ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

自分を侮辱、虐待する人を赦しその人ために祈ると言うのは
イエス・キリストが十字架につけられた同じ苦しみを味わうと思います。
イエス・キリストは自分を磔にした人を赦して亡くなりました。
小さな虐めは勿論ですが、大きないじめにあっても
虐めた人を赦す「大きな広い心」を神様にお願いしたいと思います。

nice!(10)  コメント(0) 

タレント [心の栄養]

今日のミサの中で朗読される聖書の一部です。
雇い主は、自分が当分留守にするにあたり主なる従業員3人に自分の財産を5:2:1に与えて
運用を任せました。やがて雇い主が帰ってきて3人にそれぞれ会計報告をさせたのです。

マタイ25章20節~27節
『御主人様、五タラントンお預けになりましたが、御覧ください。
ほかに五タラントンもうけました。』主人は言った。
『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、
多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』
次に、二タラントン預かった者も進み出て言った。
『御主人様、二タラントンお預けになりましたが、御覧ください。
ほかに二タラントンもうけました。』主人は言った。
『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、
多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』
ところで、一タラントン預かった者も進み出て言った。
『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、 散らさない所からかき集められる厳しい方
だと知っていましたので、恐ろしくなり、出かけて行って、
あなたのタラントンを地の中に
隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』
主人は答えた。『怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、
散らさない所からかき集めることを知っていたのか。
それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。
そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。』
マタイ25章20節~27節

タラントンは賃金の単位で、
1タラントンは16年分の賃金だと言われていますから大金です。
タラントンは神から与えられている自分たちの能力かもしれません。
能力はそれぞれ個性によって違います。
勉強ができる人、歌の上手い人、動物を飼育することが得意な人、
植物をこよなく愛し育てる人、運転の上手な人、子供と接し楽しく遊ぶ人、などなど。

なにもしないで自分の能力を伸ばさない人は、神様からお叱りを受けることでしょう。
風太郎は神様から叱られないように、自分のタラントンを地面からほじくり返し
銀行に預けて少なくても利息を得るように努力しないといけない。
タレントはこのタラントンからきていると言われています。


nice!(10)  コメント(0) 

良心の麻痺 [心の栄養]

もし生活が良心とぴったり合致していないならば、

良心は麻痺して生活どおりにゆがめられる。

(女子パウロ会刊「トルストイことばの日めくり」より)

悪いことの第一歩を歩み始めるときには、ものすごい良心との葛藤がある。
しかし、それが2回3回と続くうちに良心の咎めは薄らぎ
それが当たり前になってしまう。
悪い生活に良心を麻痺させないように、と風太郎は自分を戒める。
その初めに深酒はやめよう。
nice!(7)  コメント(0)