So-net無料ブログ作成

たった100メートルだが疲れた [一日一善]

狸小路商店街を7丁目から1丁目まで歩き、またホテルに向かって歩き7丁目商店街を抜けて間もなく、車椅子の人が雪に車を取られ前に進むのに苦労していた。

「押しましょうか」と声を掛けると

「お願いします」というお願いの一言で「よっしゃー!」と押したが

「う~ん?」力一杯押しても、雪のぬかるみにゼンリンの小さな車輪がとられ思うように進まない。

車の椅子の人は風太郎よりも体格が良いせいもある。

へっぴり腰で押し過ぎると、車椅子が前につんのめってしまうので加減が難しい。

雪で滑り脚は後ずさりする。

やっとのことで7丁目のアーケード街まで押していくことができ、お礼を言われ見送ったときには、疲れ切ってしまい、1歩も歩くことができず、ボーゼンとして立っていました。

100メートル余りだが10分近くかかったのではなかろうか?


Googleより拝借して加工しました

無題.png

雪は軟らかめ

IMG_4794.jpg

7丁目のアーケード街(1~7丁目がアーケード街)へ向かって押していきます。

IMG_4793.jpg

後日、教えられたのは

後ろ向きになって大きい車輪を引くようにする。

前輪を浮かして大きい車輪だけで進む。

忘れないようにします。

nice!(12)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 3

YUTAじい

おはようございます。
海・・・眺めること少なく、埼玉県海無し県です・・・( ´艸`)・・・
by YUTAじい (2018-02-09 07:38) 

cooper

汗が流れましたでしょう?
滅多に冬道で会うことはありませんが、押すじゃなく引くんですね。
力の無い婆さんですから出会っても無理でしょうが、アドバイスくらいは・・・
by cooper (2018-02-09 10:06) 

風太郎

冷や汗が出ました。
僕のように降圧剤を服用し、心臓などに不安がある人は
別な手段を選んだ方がよさそうです。
by 風太郎 (2018-02-10 05:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。