So-net無料ブログ作成

新十津川名物駅長、ララちゃん表彰される [旅行]

208.3.jpg

3月18日夕刊に上記の記事が載りました(Webのニュースより)


3月23墓参ついで(墓は雪の中でした)に新十津川駅に行ってみました。

お墓の様子は


新十津川駅に向かう列車

IMG_5489.jpg

カメラをしまい急いで駅に向かいます。

駅から乗客が出てきていました

IMG_5502.jpg

IMG_5503.jpg

ララ駅長は乗客に挨拶

IMG_5505.jpg

IMG_5521.jpg

ララ駅長にあやかって「はる」ちゃん(2歳)登場。

目線はララ駅長

IMG_5512.jpg

笑ったら負けよ!

IMG_5522.jpg

先輩の手前礼儀正しく

IMG_5525.jpg

ダイヤ改正で時刻表が20分ほど遅くなっていました

IMG_5504.jpg

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

嘘は見抜かれている。 [心の栄養]

上から来られる方は、すべてのものの上におられる。地から出る者は地に属し、地に属する者として語る。天から来られる方は、すべてのものの上におられる。

この方は、見たこと、聞いたことを証しされるが、だれもその証しを受け入れない。

その証しを受け入れる者は、神が真実であることを確認したことになる。

ヨハネによる福音書 3:31-34


今日のミサのなかで朗読される聖書の一部です。

何か過ちを犯し、それについて弁明を求められた時に

保身、関わった人たちへの配慮から証拠を見せられても白を切る、

という経験は風太郎はある。

今思えば、見抜かれているのに嘘の弁明をしている自分が滑稽だ。


上からを質問者、地に属するものを答弁者に置き換えてみた。

昨日の国会中継はラジオで断片的にしか聞いていなかったが

「きろく」と「きおく」の上手に使い分けて弁明するのはさすが、

風太郎もそういう才能があれば、

もう少しましな生活ができていたかもしれない。

nice!(14)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

愛は不滅で豊か [心の栄養]

愛している人は、与える。

いつも与える。

その人は、

自らのうちに、尽きることのない豊かさを持っている。

キアラ・ルービック

(女子パウロ会刊「愛について100の言葉」より)


身近に感じる大きな愛。

それは親の愛。

親は子供にとって必要なものは、自分を犠牲にしてでも与える。

愛されて育った子どもはそれを受け継ぎ

愛は永遠になくならない。


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11日です [事件・事故・災難]

今朝、耶馬渓で大きな土砂崩れがあり、6人の安否が気になります。

一刻も早く救助されることをお祈りします。


今日は11日、東日本大震災で亡くなれた多くの方の命日です。

先週、いち早く被災地に支援に入ったシスター(修道女)と神学生は

想像絶する光景にしばし呆然とした、という話を聞きました。

3月22日に運よく被災地に入ることができ、シスターたちは修道服ではなく普段着で、まずは届きは始めた援助物資の使えるものとそうではないものを仕分け、使用できるものはどんどん配布した。

大きな支援物資が届き、中をみて唖然とした。それは淡路大震災の残り物らしきもので汚れやカビが生え、とても配布できるものではない。

被災者が下着(パンツ)が欲しいと言われ、すぐに老若男女、大人・子ども、大中小の下着を調達するように所属する修道院や教会に依頼した。思いつくのは水、食べ物ですけど、下着が深刻な問題になっているとは気づかなかった。

2年間支援活動していたが、肝に銘じていたのは「布教」ではなく「支援活動」、だから「カリタス(ラテン語で愛)」という団体名も口に出さなかった。

最初の年のクリスマスのときには、殆どの宗教団他は引き上げてしまっていた。心の中では祈りながらもカリタスの「カ」、クリスマス「ク」も言わずにひたすら支援活動をしていた。

「カリタスさん、今日はクリスマスでキリスト教のお祝いではないんですか。お祝いしましょうよ」

と言われた時には、私たちが黙っていても被災者の人たちは分かってくれていた、と喜んだそうです。

僕は、これが本当の布教だと思いました。

ありがたい言葉よりも、よりそう行動です。

IMG_4485.jpg


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

homelessness [心の栄養]

ホームレスであるということは、
住む家がない、ということだけではありません。
それは、彼らがこれまでに経験した、
だれからも愛されない寂しさや拒絶といった、
耐えられないような孤独からくるのです。
わたしたちは彼らのところにいるでしょうか?
わたしたちは彼らを知っているでしょうか?
わたしたちは彼らを見ているでしょうか?

(女子パウロ会刊「マザー・テレサ日々のことば」より)


家庭で

学校で

職場で

部活で

仲間を拒絶してはいないだろうか?

拒絶しているとすれば、

すでに拒絶した人たちも、

自分自身に拒絶され虚しさを覚えているかもしれない。

魂の安住を失ったらみじめだ。

IMG_4714.jpg


nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

新学年・新学期 [ボランティア]

今日から新学年の子供たちが初登校、見回り隊も活動開始です。

薄っすらと積もった雪は間もなく解けて、反射板になりピカピカの1年生は眩しそう。

IMG_7176.jpg

IMG_7183.jpg

IMG_7185.jpg

IMG_7188.jpg

横断歩道を渡ると一目散で学校へ

IMG_7186.jpg

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

互いに忍びあい赦し合う

13  互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。
14  これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。

コロサイ人への手紙 3章13・14節


今日、主に修道院で朗読される聖書の一部です。

朝から何回となく読み返しました。

この2節が守れたら争いは起きないと思います。

IMG_0865.jpg


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホタテ貝の稚貝を頂きました [食べること]

昨朝、お隣さんからホタテ貝の稚貝をボール一杯いただきました。

稚貝たちは貝を開いたり閉じたりしている姿は、眠いので欠伸をしているように見える。

IMG_7171.jpg

IMG_7172.jpg

早速酒蒸し煮して晩酌の肴にしました。

美味しかった[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

IMG_7174.jpg


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心で春を感じる [心の栄養]

道端に水仙が咲いている。水仙に道を問うても、水仙は道を教えることは出来ない。
だが、無言のうちに水仙は立派な道を教えてくれる……美しい花を
自然そのままに咲かせながら……。
春がきた どこにきた?
やまに さとに 野に そして 私の心にもきた
花が咲く どこに咲く?
やまに さとに 野に そして 私の心にも咲く
鳥が鳴く どこで鳴く?
やまに さとに 野に そして 私の心にも鳴く!
でも、皆さん、それがためにかかせない条件がある。それは生命、命の中心を開くことである。
中心がないとぐらつき、こだわり、そして、迷いと悩みが出てくる。

ドン・ボスコ社刊「落ち葉」より


「春」と聞いただけで心は踊る。
まぎ
れもない新しい命の復活。

冬という暗く長いトンネルからの出口の光が見え、

「たましい」が活気づく。

IMG_2037.jpg

我家の水仙は2か月後に、ニコリと微笑みを見せてくれるでしょう



nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

薄化粧でした [今日の天気]

道内の積雪のニュースがにぎわしていたので、

朝起きて雪除け覚悟で外を見てみたら薄化粧でした。

IMG_7165.jpg

IMG_7167.jpg

IMG_7169.jpg


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る