So-net無料ブログ作成

偽り [心の栄養]

偽りの証人は罰を免れない。

偽りを言いふらす者も、逃げられない。

(フランシスコ会聖書研究所刊 箴言19章5)


自分の悪事がばれるのを、自分の権威や財力を使って偽証人や

アリバイ工作をして罰を免れたとしても

神様の罰からは逃げることができない。

ということだと思います。


風太郎も思いあ当たることが多々あります。

その後で良心の呵責で悩みます。

これは神様が叱責している証拠です。

SATAN_24.jpg



nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分の愚かさはひとのせい [心の栄養]

人の愚かさは、その歩みを邪な道に導く。

しかもその心は主に向かって憤る。

(フランシスコ会聖書研究所刊 箴言19章3)


一生懸命に勉強し、神社で合格祈願をしたのに受験に失敗した。

無事故を祈り、新車を司祭に祝福、
あるいは神社でお祓いをした貰ったに事故を起こしてしまった。

一生懸命に勉強し合格祈願までしたのに落ちてしまったのは、

自分にとって十分な勉強できる環境ではなかった。

学校の先生の教え方が悪かった。

或いは親が塾に行かせてくれなかった。

こんなに悪に染まったのは親の躾が悪かったからだ。

挙句の果てには「神が私を見放した」からだと、神仏に憤る。


先ずは自分自身を知ることが大切である、と解釈しました。


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寒波到来 [今日の天気]

昨日の4時過ぎに家に戻ったが、

三日間も留守にしていたので、家の前の積雪が心配だったが、雪は全くないので安心する。

IMG_4859.jpg

荷物を降ろし終わると、風が強くなり雲行きも怪しくなってきた。

天気予報では、日本海中心に荒れ模様の天気になると注意を促していたので

いよいよやってきたのかと、明日の雪除けが心配になった。


明け方まで強風は止まないので、ドカ雪を覚悟した。

明るくなり、外を見たら意外に雪が無いので一安心。

しかし、玄関前の鉢(今冬の強風で再三倒れ土は吹き飛ばされてしまったのでレンガを入れている)は

無残にも横倒し状態。

IMG_4860.jpg


IMG_4861.jpg


7時14分に強風、暴風雪などの気象警報が解除される

IMG_4863.jpg


雪害で九州・日本海側方面がご苦労なさっていますが、

北海道も交通網がずたずたです。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誠実に歩む [心の栄養]

知識のない欲望よくない。
急ぎ足で歩く人は道を踏み外す。
(フランシスコ会聖書研究所刊 箴言19章2)


本当にそれが自分にとって必要なのか、

ただ自分の要望に任せて欲しがっているものは役に立たない方が多い。

正しい知識を得、誠実に自分の道を

一歩一歩 確実に歩む者は決して道を誤ることはない。

ということだと思います。

IMG_0266.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪景色 撮りたて [旅行]

一昨日、我家を出るときには苫小牧を過ぎ安平までは路面はアスファルトまる出し、

しかしそれから先は徐々に雪景色が姿を現し、おまけに栗山を通過するころには雪が降り出す。

岩見沢では大雪状態で、雪壁は3m越し、横道から車が出てくるのにおそるおそる。


さて今朝の新十津川温泉ホテルからの雪景色3枚

IMG_4844.jpg


IMG_4843.jpg


IMG_4841.jpg

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年賀状を書き上げました [祈願]

昨日、年賀状を書き上げ投函しました。

下の余白にはそれぞれの歓び、悲しみ、苦しみ、近況などを書き記します。


駅長のララ駅長は去年10月7日に「天才!志村どうぶつ園」で放送されました。


nenga.jpg

nice!(15)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

元日の終日 [何でも初めて]

明けましておめでとうございます。

今年も拙い記事にお付き合いの程お願いい申し上げます。


酉から戌へ受け告げられ初日です。

わが地域は初日の出から程遠く、強風が安眠を大妨害。

でも 4時半に起きて新年を迎えられたことに神に感謝。

1月1日はカトリック教会はミサに与り「世界の平和の日」を願います。


ローマ教皇はメッセージの中で

戦争と飢餓から逃れてきたすべての人々、

差別や迫害、貧困、環境破壊のために祖国を去らざるをえないすべての人々を、

いつくしみの精神をもって抱きしめましょう。

と述べています。

北海道に移住して久しぶりの所属する教会での元日ミサで、

皆様にとって善き年、そして世界平和を祈願しました。

主任司祭は平和について説教。

しかし、北朝鮮の責任者は机上に核ボタンがあると新年のあいさつ。

国民の血税を果てしなく兵器に使い、それを行使すれば限りなく地上を破壊します。

しかし、平和の実現にはお金はかかりません。


午後からは恒例の札幌へ向かいます。

暴風雨で駅の駐輪場に停めてある自転車は横倒し。

殆ど雪はありません。

KIMG1505[1].jpg


日本製紙白老工場の煙突の煙は風で直角に横流れ

KIMG1507[1].jpg


札幌に着きホテルでチェックインを済まして、雑踏の地下街を抜けて日本蕎麦「八雲」へ

IMG_3812.jpg


IMG_3809.jpg


IMG_3795.jpg


1800円のちょい飲みセットは飲み物2杯とおつまみ2点、〆のお蕎麦

IMG_3797[1].jpg


かしわの卵とじ

IMG_3789.jpg


IMG_3788[1].jpg


〆は納豆蕎麦

IMG_3796.jpg


夜食は部屋食、カキフライ弁当と下町のナポレオンでお茶わり

IMG_3813.jpg




nice!(18)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

家族 [キリスト教に関すること]

それぞれ、妻を自分のように愛しなさい。妻は夫を敬いなさい。

子供たち、主に結ばれている者として両親に従いなさい。それは正しいことです。

「父と母を敬いなさい。」これは約束を伴う最初の掟です。

(エフェソの信徒への手紙5章33節・6章1-2節)


カトリック教会はクリスマス後の最初の日曜日を

イエス、マリア、ヨゼフ様の家族を聖家族として祝いますが

私たちの家族のお祝いでもあります。


パウロは、エフェソの信徒たちへの手紙で上記のように記しています。

これは、私たちの家族のあり方を省みなさいということだと思います。

神仏を信じない人は「主」をご先祖様に置き換えて見てはいかがでしょうか。


年末年始は離れ離れになっていた家族も、

親元に集まり、笑いが溢れる憩いのひと時を過ごすことと思います。


どうぞ来る年が皆様方にとって善き年となりますようにと願いつつ

今年も拙い記事にお付き合いくださりありがとうございました。

来年もよろしくおねがいもうしあげます。


CJG10.jpg




nice!(15)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスは雨だった [北国での生活]

23日までは、修道院の屋根に氷柱と雪が覆っていました。

IMG_4512.jpg


IMG_4513.jpg


IMG_4515.jpg


25日の深夜ミサが終わり  2時頃まで修道院が準備してくださったケーキなどで談笑のひととき

IMG_4567.jpg



IMG_4571.jpg


風太郎が外を出てみたら、あららら?!?、雪ではなく雨で雪は殆ど溶けていました

IMG_4541.jpg


IMG_4546.jpg

IMG_4554.jpg


IMG_4550.jpg


IMG_4543.jpg

カトリック信者ではない人が、ボランティアでこしらえてくれた氷のキャンドル。

制作の苦労話を、と思いましたがミサには来られなかったようです。

目立たない奉仕活動ありがとうございました。

25日の夕方には全国ニュースでもご存知のように、電柱や灯台が倒壊する暴風雪です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イエスは生まれた [キリスト教に関すること]

[るんるん] しずけき 真夜中

25日の真夜中12時にクリスマスミサは始り

修道院には一般の信者や、信者でない人たちも

キリストの誕生祝のミサに与りました。

祭壇には幼子イエス様が笑顔で鎮座しています。

IMG_4525.jpg


IMG_4526.jpg


IMG_4529.jpg


IMG_4533.jpg


IMG_4633.jpg


生き物の誕生はそれだけで嬉しい。

赤ちゃんは、全面的に両親を信頼し無防備で生まれてきます。

無防備な赤ちゃんは「居るだけ」で、存在感は大きく周囲を色々な思いにさせます。


キリスト教と固苦しく考えないで、

生まれてくる新しい命は、歓びの源。

観葉植物の芽が出てきた時の感動、愛玩動物が無事に子供を産んだ時の喜び、

など手放しで顔に嬉しさが溢れます。


「誕生」の二文字を想いめぐらしながら、ひと時を過ごしたい。



nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る