So-net無料ブログ作成
検索選択

先ずは自分の心に平和を! [心の栄養]

72年前の昨日は、広島に原爆が投下され、一瞬にして幾十万の命を奪いました。
日本のカトリック教会は8月7日から15日の終戦記念日までを
「日本カトリック平和旬間」とし、特に長崎屋広島では平和を願う運動をしています。
ミサの中で共同祈願の意向として
「平和旬間の初め、広島の原爆の日を迎えて祈ります。
多くの人びとが経験した惨禍と苦しみが次世代に語り継がれ、
これからの平和の礎となっていきますように」
と祈りました。
1981年聖ヨハネ・パウロ2世教皇は広島を訪れた時に
「戦争は人間の仕業です」と言いました。

自分の心が平和でなければ、平和への具体的な行動も祈りも出来ないと
思います。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

懐かしいパソコン [古き良き器具]

オホーツク方面の「道の駅雄武」に懐かしいパソコンが有りました。
残念ながら調整中で作動していません。
約40年前にはこの人工知能にはずいぶんお世話になりました。
当時はまだブック型パソコン(ノート型パソコン)が無かったと思います。
これよりも型が大きく能力は劣りましたが、
文章を入力したディスク(当時は1メガで直径18cm)を差し込み、出力機が動き出すと
ドット出力ではなく活字で印字されるのを、得意先をはじめ業者仲間も見学に来ました。

KIMG0995.jpg

KIMG0994.jpg

KIMG0992.jpg

KIMG0991.jpg



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

見せかけのへりくだり [心の栄養]

心からへりくだるようにしなさい。
末席に着こうとするときには、
心からそれを望むようにしなさい。
ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より

またまた風太郎の痛いところをつく「訓戒」。
風太郎は、宴席や催し物で招かれると本心とは違う行動を起こす。
それは末席に着くことである。
末席に着くと
「なんでこんな出入りが激しく落ち着かない席に座らなければいけないんだ。
早く風太郎の存在に気がついて上席に案内してくれないかな」
ときょろきょろと関係者に目を向ける。
最上席に案内されると固辞しながらも「やったー!」と案内人についていく。

まことに卑しい風太郎なのだ。



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

慰めと乱暴な言葉 [心の栄養]

慰めの言葉は命の木 。
乱暴な言葉は魂の痛手。
(フランシスコ会聖書研究所刊 箴言15章4節)

落ち込んでいるときに、慰めてくれる短い言葉。
ぶっきらぼうで飾り気ない言葉だけど
どんな宝物よりも心を満たしてくれる。
それと反対に心無い言葉は、いい表せないくらいの
闇の深淵に陥り、希望の光が見えなくなる。
どちらも目に見えないが、最大の喜びと希望を与えることもでき、
人生のどん底に招くこともできる。

何気なく言った言葉が、聞いた人の人生を変えることもあり
友情の灯にもなりうる。
自分の気持ちをいつも平静に、そして平和な心でいなければいけないと思う。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紫陽花とコスモスと蝉 [なんでも一番]

北海道の草花はおおらかですので、梅と桜が同時に咲いたり
猛暑の頃にやっと紫陽花が咲き、晩秋まで咲いています。
しかし今朝の光景は初めて見ました。
久しぶりに東室蘭の女子修道院のミサに行きましたら、入り口の所に
紫陽花がやっと咲き始めた脇にはコスモスが咲いていました。
KIMG1174[1].jpg
そして紫陽花の葉には大きな蝉(あぶらせみ?かな)が休んでいました。
気温が18度でしたので、セミはまだ眠っていてのかもしれません。
KIMG1170[1].jpg

KIMG1173[1].jpg
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

巧妙に入り込む誘惑 [心の栄養]

自愛心は実に巧妙です。 どこにでも入り込み、
すべてにしがみつきますが、
得るものは何もありません。
ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より

得るものが何もないと分っていても、掴んでしまう自愛心。
浮世に溺れかかってしまうと、
溺れまいとして藁よりも細い自己愛を掴み、
人生を破たんへと導いてしまう。

一度しかない人生、
巧妙に入り込んでくる「誘惑」に負けてはいけない。



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

両親を悲しませない [心の栄養]

子供たちよ
自分の両親の苦しみのもととなることは
大きな不幸であることを忘れないようにしなさい。
両親を悲しませる人を神はのろわれる。
ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

神がシナイ山でモーセに与えた十戒の4番目に
4. あなたの父母を敬え。
とあります。
両親の苦しみのもととなる行いは限りなくあります。
何かの行いに疑問を感じたら、この行いが両親を喜ばせるか
あるいは悲しませることになるか考えることは大切だと思います。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の主夫の半日 [主夫]

4時に起きて、外に出るとスズメたちが餌を待っていた。
気温計は16度、爽やかな朝です。
取りあえずスズメたちに餌を蒔く。
蒔き終わった途端に飛び跳ねながら食べ始め、少し食べては飛び立ち
別のスズメがやって来る。

部屋に戻り、心の栄養になる書物を読み
5時に隣の市の場外市場の傍で伊達から来ている行商人に買いに行く。
ミニトマト、アイコ1箱各200円、ささぎ豆1Kg300円(少し不揃い)、
茄子5本・ピーマン6個各100円、合計900円。
途中でスーパーマーケットトライアル」で30%引きの糠サンマを買う。
KIMG1149[1].jpg

6時前に帰宅、茄子の浅漬けをする(酢+昆布茶+塩昆布+辛子)。
漬け終わると急いで小学校へ向かう。
6:30 ラジオ体操
登別温泉の「えんまだいおう」も会場にきている。
KIMG1140[1].jpg

青空の下で楽しく元気よくラジオ体操
KIMG1142[1].jpg

KIMG1144[1].jpg

参加賞は小さい子どもが優先。
中身を見せてもらったがよくわからない
KIMG1148[1].jpg

子供たちに配り残ったのは大人にもくれたので家で開けてみたら
ラムネのお菓子やティッシュペーパーでした
KIMG1151[1].jpg

7時に家に戻り朝食準備。
茄子漬は食べごろ、糠サンマは塩の塊ですげ~ショッパイ。

11時に6km先のスーパーマーケットへ買い物
ミニトマトの値段を見たら、行商の小母さんから買った値段の3倍以上です
KIMG1150[1].jpg

12時過ぎに帰宅し、昼食(焼きそば)の支度。

あぁ!養子の身は辛い!
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

向上には悔悟が先行する [心の栄養]

向上には常に悔悟が先行する。
もし人間が自分には悔悟の必要がないと考えているならば、
よくないことである。
(女子パウロ会刊「トルストイ ことばの日めくり」より)

昨日よりも今日、今日よりも明日、と自分を向上させるには反省がつきまとう。
反省するとそこには喜びも悔悟もある。
悔悟があるから達成感の喜びもあるのかもしれない。
悔悟がなければ明日の向上はない。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

朝焼け [今日の天気]

猛暑の時と比べ、朝4時過ぎの気温は10度近く低くなっています。
IMG_3002.jpg

今朝は見事な朝焼けでした
IMG_3003.jpg

IMG_3004.jpg

しかし5分後は
IMG_3012.jpg

IMG_3013.jpg
朝の空の七変化でした

カラスが来る前にスズメたちは餌を食いつばんでいます。
IMG_3011.jpg
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る