So-net無料ブログ作成
検索選択
いろいろな思い ブログトップ
前の10件 | -

「脳死状態」とは? [いろいろな思い]

月曜日に道内旅行を兼ねて、親類のお見舞い、法要を済ませて夕方帰宅。
走行距離は約1700km。ガソリンを2回満タンにする。
帰宅して荷物を降ろしていると妻が
「もしかして、○○さんの御主人なくなったんじゃない」
「どうしてわかったの?」
「今出て言った車は遺体搬送車みたい」
○○さんははす向かいの家、隣の家で聞いてみると6時から「御通夜」だというので
片付けは後回しにして斎場に出かけた。

一か月半前に、老人ホームから「脳死状態」で救急車で総合病院に搬送され
「大丈夫です。私に任せておきなさい」と救命救急医師から言われたが、
その時に奥さんは「死」だと確信していた。
しかし、医者がそいうのだから「もしかしたら」と一途の望みをもち過ごしていた。
生命維持装置の処置費も年金生活者に大きな負担になる。が、
途中で外すと「殺人」になるらしい。

斎場での奥さんは、1週間で二回りも小さくなっていた。
「わたし、疲れちゃった。座ったままでいいかしら」
立って挨拶をしようとしたらしいが、手で肩をおさえて座ったままで挨拶をした。

死の定義は医師が
脈、呼吸、瞳孔拡大などから「死」の判定をするが、今はその三つに加えて
「脳死」がある。

「脳死状態なので死んだ」と思い込んでいるのに、人工呼吸器で生きている状態に
見せかけるのは、家族に精神的にまた経済的に大きな負担をかける結果となる。

脳死状態からの臓器移植が認められているのだから
脳死状態での生命維持装置も家族の意向で途中で外してもいいと思うのだが。



誰のための買物? [いろいろな思い]

主夫をするようになって考えました。
誰のために日常の食料品や生活用品の買物をしているのか。
品物を選ぶ時、自分の好みではなく、それを欲しがっている人
食べたがっている人のことを考えてしまう。

我家では滅多につかわない三温糖やめんみを特売で見つけると
煮物などに欠かせない」と口癖だった義姉の顔。
しかし、もうこの世にはいないんだと気がつくと手を引っ込めてしまう。
生鮮食料品に並んでいる「北寄貝」の刺身、妻の大好物だ。
その隣には風太郎好みの「イカ刺し」、二品買うのは経済的に厳しい。
迷った挙句北寄貝の刺身にする。

主婦の買い物もそうだと思う。
自分のおしゃれはほおっておいて、子供たちの洋服選びには余念がない。
食料品も家族のために少しでも新鮮な物をと、
棚の奥に手を入れ賞味期限の一日でも長いのを選ぶ。

買物------それは家族の喜ぶ顔を見るため。

袴田事件元判事の告白で自分を振り返る [いろいろな思い]

カトリック新聞に下記の記事が掲載されていましたので全文載せます。
http://www.cathoshin.com/news/hakamada-kumamoto-confession/11456

半生かけた回心と告白:袴田事件の元判事
971fada6626a37891031265f699b76bb.jpg
袴田さんの誕生日を祝うコンサートでのビデオメッセージで、再審開始を求め拳を突き上げる熊本さん

51年前、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で一家4人が殺された通称「袴田(はかまだ)事件」。〝犯人〟として逮捕され、死刑囚となった袴田巌さん(81)は3年前、冤罪(えんざい)が確定し「死刑執行」が停止された。釈放された袴田さんだが、50年を超える拘禁生活で精神も体もむしばまれた。しかし、この死刑判決は、もう一人の人生も狂わせた。第一審で死刑判決文を書いた元裁判官、熊本典道さん(79)。熊本さんの半生から「事件」を振り返ってみる。

今春2月11日、福岡教区「福音と平和のつどい」で、袴田さんの釈放後の日常生活を描いたドキュメンタリー映画『夢の間(ま)の世の中』が上映された。会場には、車いすに乗った熊本さんの姿があった。

脳梗塞、パーキンソン病、がん、アルツハイマー、言語障害を抱えた熊本さんは、簡単な言葉と、泣くことでしか自己表現ができないが、スクリーンに向かって3度「いわお(巌)!」と呼び掛けた。そして映画の最後に制作者の名前が字幕で流れ始めると、拳を突き上げて「ありがとう」と力を込めて叫んだ。

熊本さんにとって、一番会いたい袴田さんに、スクリーンで会えた感謝の気持ちが、言葉となって表れたのだ。しかし、熊本さんの願いは、直接会って謝ること。そして、静岡地方検察庁が即時抗告をしたことで、先延ばしにされている再審(裁判のやり直し)の開始だ。


転落の人生
「袴田事件」で静岡地方裁判所の主任裁判官を務めた熊本さんは2007年、39年間の沈黙の末、ある告白をした。「評議の秘密を守らなければならない」という裁判の「おきて」を破って、真実を語ったのだ。同年6月、「袴田巌死刑囚の再審を求める上申書」で熊本さんはこうつづっている(一部抜粋)。

「私は、(袴田さんが)無罪であるという心証を持っていましたが、合議の結果、他の裁判官を説得することが出来ず、主任裁判官として死刑判決を書かざるを得ませんでした。しかし、良心の呵責(かしゃく)に耐え切れず、翌年裁判官の職を辞しました。評議の秘密を守らなければならないことは十分理解しておりますが、そろそろ体力、精神力に自信がなくなってきました。袴田巌さんの再審を実現させる最後のチャンスになると思い、非難を覚悟の上、私の無罪心証を公表しました」

死刑判決を言い渡された袴田さんの「がっくりときた様子」は忘れようにも忘れられず、熊本さんは半世紀、「あの日」のことを思い出さない日はなかったという。

「あの日」から、熊本さんの転落の人生が始まった。大学卒業後に司法試験にトップ合格し、「人権派」で知られた裁判官だった。しかし、30歳の時、袴田さんの無罪を知りながら、他の2人の先輩裁判官との多数決に屈し、抵抗したが実らず、泣きながら死刑判決文を書いたのだ。半年後、弁護士に転身。大学講師を務めたこともある。

しかし罪の意識から酒におぼれ、トラブルも絶えず、妻子とも別れ、地位も名誉も財産も全て失い、心と体を病んだ。死に場所を探して日本中を放浪し、何度も自殺を試みた。ノルウェーのフィヨルドまで行ったこともある。1995年には弁護士登録も抹消された。死亡説も流されていた熊本さんが、2006年、福岡県内でホームレス同然の状況で、偶然知り合った島内和子さんに助けられた。

現在も同県内の老人ホームにいる熊本さんの介護に当たる島内さんは、当時をこう話す。

「家でも公園でも、ぼーっとしていて、いつも死のうとしていました。海に身を投げようとしたこともあります。電車に飛び込み、血だらけになって帰ってきたこともあります。(熊本さんの)死にたい気持ちは、今も変わらないと思います」

3年前、熊本さんはカトリックの洗礼を受けた。長年、袴田さんを支援してきた「無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会」副代表の門間幸枝さん(東京・清瀬教会)は、熊本さんの思いをこう代弁する。

「熊本さんは、袴田さんに謝りたくて、東京拘置所に何度も通いました。でも家族以外が死刑囚に会うことはできません。『ゆるされなくても謝りたい』と、熊本さんは、これまで何度も何度も謝りました。記者に責められ、いつも泣いて謝っていた。今も、当時を思い出して泣くだけです。獄中で(1984年)カトリックの洗礼を受けた袴田さんの気持ちに少しでも近づきたいと、熊本さんは洗礼を望んでいたのです。これほどの悔い改めを見たことがありません」

2014年前、袴田さんの再審が決定した時、テレビでそのニュースを見た熊本さんは、両手を上げて喜んだ。裁判所の前から門間さんが電話を入れると、受話器の向こうから熊本さんの泣き声がしばらく聞こえていた。そしてその後、熊本さんは威厳と重みのある声で、「(本勝負は)これからだ」と決意を込めて語ったという。

その言葉通り、静岡地方検察庁が東京高等裁判所に即時抗告をしたために再審は先延ばしにされ、袴田さんは、いまだに〝完全無罪〟にはなっていない身だ。年金も支払われず、姉の秀子さんに支えられ、静岡県浜松市で生活している。
熊本さんは、アルツハイマーを患いながらも、「袴田さんの再審を!」という言葉を聞くと、拳を突き出し、「闘う」姿勢をとる。

半世紀前の「袴田事件」。袴田さんと熊本さんの人生を変えた「〝判決〟の日」は、まだ続いている。

さて
風太郎も過去において、自分の地位や権力を利用しひとを不利に裁いたことがありました。
自社の催事に協力(下請)会社から寄付金や賞品を無理強い
また自分の見積もり違いなのに、協力会社の請求金額を減額したことなどが思い出される。
関わった会社、および人たちは物的、精神的にも多くの苦痛を味わったことだと思います。
まことに恥ずべき行為でした。

ゴルフコンペでもありました。それは不正を強いられたことです。
伊豆で1泊二日の得意先主催のゴルフコンペティションに誘われました。
同伴者に得意先の重役さんがいて、チョロチョロ打っている僕に、
「君の球はここだよ」と先で待っていた重役さんが球を指さしました。
僕はその親切にお礼を言って打ち終わると
「あれは、君のではなく俺のだよ。俺が誤球して君の球を打ってしまったので、お互いに2罰。
このまま黙って続けよう」と言われたのです。
夜の宴会で成績発表があり、風太郎がハンディを多く貰ったので4打差で優勝!
自分の球を確認しないまま打ってしまった自分に
ますます良心の呵責にあい、幹事が心許せる人だったので宴席で打ち明けると
「あの人はああいう人なんだよ。前の会社での不正がばれて行くところがなくなり
うちの社長が引き取ったのさ。優勝したんだからいいじゃないか。
今回はこのまま黙っていた方がいい」言われました。

この時に、すぐに誤球だとほかの同伴者に言うべきだったのか、
もし言っていれば、自分はすっきりしたかもしれないが
重役のとる態度によっては、折角の楽しいゴルフコンペティションもぶち壊れの可能性も。

いま、自分はどういう立場にいるのか常に考え、後悔のない言動をするべきだ
と この歳なって身に染みて猛省しています。

天下りと国有地安価で払い下げ [いろいろな思い]

復興事業に関する天下りの記事が載っている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000012-asahi-soci
国民の浄財を使っての復興事業に便乗し、不当に利益を上げようとしている、と
思われても仕方がない。
それでなければ、わざわざ役所退職者を雇う必要はない。

大震災復興事業が始まった当初から談合について報道されてきたのが
未だに是正されていない。
極端な低価格国有地払い下げも、公共事業の談合も国民の財産を食いつぶしている。
子は親の背中を見て育つ、ではないが、政治家は少しでも疑いがかけられたら
胸を張って身の潔白を正してほしい。
それでないと、政治家のやっていることが当たり前となり
公共事業に携わる事業者が、税金を正しく使うと言う免疫力が亡くなってしまう。



6回目の年男 [いろいろな思い]

6回目の年男を迎えましたが、新年あけて早々義姉の葬儀、スノーアウト、
いまは2回目の四十肩で右肩が痛み、入力するのもおっくうです。
雪が解けたににゴルフの練習もできません。

先日 初めての車検に出したら、修理工場から「不合格!」の電話。
理由を聞いてみたら、右側ヘッドライトの角度が正面でなく横を照らしている。
調べてたら、角度を調整する軸が折れてて部品をそっくり交換しないとダメ!だという。
ボンネットを開けた時に、何か重いものを落とした覚えはないかと聞かれるが
ボンネットは、ウオッシャー液を補充する時に開けるぐらいで何も落とした記憶がない。

冷静に考えてみたら思い当たるのがありました。
これです。
http://hutarou.blog.so-net.ne.jp/2016-12-28

鹿と接触した衝撃でヘッドライトを調整する軸が折れたのです。
車にへっこみもなく安堵したのに、まさか大枚が3枚消えていく損傷があったなんて…。

今年も3月が過ぎたばかり、これか先どんな「!!!!」があるのか、不安と期待が満杯。


無のひと時 [いろいろな思い]

昨日 登別温泉ホテル日帰り温泉に行った。
30代前半のお父さん赤ちゃんを大事そうに入ってきた。
赤ちゃんはお湯をかけられ、身体を洗ってもらう間勢いよく泣いている。
浴槽に入りぼくと目が合うと泣き止み、しばし見つめ合う。
浴槽から出ると再び泣き始め、
その泣き声にお風呂に入っている人は顔がほころぶ。
日帰り温泉に来る人は年齢の高い人が多い。
そのお年寄りに微笑みを与えているのだ。

やがて風呂から上がり、赤ちゃんはお父さんから体を拭いてもらったあと
肌が乾燥しないようにいろいろな保湿剤をつけてもらっている間
嬉し泣きかもしれないが大声で泣いている。
しかし、ぼくと顔が合うとすぐに泣き止みニラメッコが始まる。
オムツをして抱っこしてもらうまでの時間は数分だが
その間のニラメッコは「無」の時間だった。

赤ちゃんの顔を眺めていて、純真無垢の意味が少しわかったような気がする。
生後六カ月、間もなく七カ月に入る赤ちゃんに
素晴らしいひと時を貰うことが出来て嬉しかった。

「表情腐ってる」発言 [いろいろな思い]

ネットで下記の見出しが目に入った
「表情腐ってる」発言 静岡県議会が抗議、静岡知事「撤回せず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000014-at_s-l22

町内会の新年会がホテル開催され、我が町から選出された市議会議員も出席した。
「どのような抱負というか気持ちで立候補したんですか?」
「会社員でして、社員から立候補したらどうだ、といわれて市議会議員になりました」
「議員になってどのようなことをなさりたいんですか」
「別に何も考えていません」

それで議員さんたちは、税金でご飯を食べさせてもらっているので
集会場などに顔を出すと
「日頃は大変お世話になっています」と挨拶をするんだと納得しました。

雪降りから教えられること [いろいろな思い]

ホテルで朝食をとりながら雪が降って来るのを眺めていた。
無風なので、雪はひたすら落ちてくる。
しかしよく見ていると、大小様々でゆっくり舞い落ちる雪、
小さくてもまっすぐに落ちてくる雪、地に着くと思ったらまた舞い上がっていく雪。
しかし、地上1メートル以上に積もった真っ白な先駆者の雪に混じると
お互いに結び合いみんな同じ白い雪として、私たちの目を楽しませてくれる。
そこには大きい小さい、優雅、みったくれないとかの差別はない。
どれも白銀の世界にはなくてはならない。

私たちの人生も長生きする人、短命な人、裕福な人、困窮している人など様々だ。
しかし神様の準備された場所に降りていく人たちには
神様の前では皆おなじ兄弟姉妹なのだ。

人として守るべき道を守っていけば、神は永遠の道を与えてくださる、と
教えられました。

七か月ぶりの幸せ [いろいろな思い]

今月初めに新十津川の義姉が7カ月ぶりに退院しました。
子供たちは家庭の事情があり、孫を連れて見舞いに来ていた子供たちも
夕方には家路につき、長男とわれら夫婦が泊まりました。
昨日は、退院したばかりなので何かと慌ただしく、お茶を飲む暇なく
長男も翌朝早く帰り、
落ち着いたところで、私たちと3人でお茶を飲みました。
「うわ~!美味しい。こんな美味しいお茶を飲んだのは七カ月ぶりだよ。
病院にいる時には、食事前にほうじ茶のようなものを出してくれるが、ぬるいし不味い。
こんなに熱くて美味しいせん茶を1回も出してくれなかった。あ~しあわせ~」
と義姉はご満悦の顔。

夕飯は生寿司(握り寿司)を食べたいと言うので、滝川(約20km先)に買いに行きました。
病院では食べられない寿司を眺め
「先ずはマグロを食べたい」といい口入れると「美味しいマグロ」と嬉しそうだ。
退院祝いでチョット高級な寿司を買ってきたのでネタも良かった。

微笑みながら食事をしている義姉を見ていると、風太郎まで幸せな気持ちになります。



自殺について [いろいろな思い]

「自殺は地獄へ」という記事がありました。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6220298

自殺、つまり自死は自分で自分に死を故意に招くことです。
自分で自分の人生劇場の幕を下ろすことは実に残念なことです。
風太郎が小さいころは、カトリックでも自分の命を大事にしなさい、と言う意味で
自殺は地獄に落ちると教えていました。
今はこれを改めています。
精神的に健康な人は自殺をしません。
自殺は、「自殺する」という一種の病気だと思います。

元自衛隊員の幹部が自殺しました。
国を守るべき自衛隊員だった人が、周りを巻き込んでの自殺はもってのほかです。
と、こう考える風太郎は、自殺病にかかっていないからで、
もし、風太郎が自殺病にかかっていたら触発されていたかもしれません。

風邪を引きそうになれば、引かないように温かくしたり、外出を控え
マスクをしたりして予防します。
それと同じように、いままで一生懸命に生きてきた人が「自殺病」にかかりそうに
なったら、周りの人達が予防してあげることが大切だと思います。

自死は本人も、周りの人たちにも苦痛と悲しみしか与えません。
風太郎に関わる人が数人自死しています。
その人達の事を思い出すと、なぜあの時に助けられなかったのかと
悔しさと無念が残り、
いまは、ただ手を合わせるのみです。




前の10件 | - いろいろな思い ブログトップ
メッセージを送る