So-net無料ブログ作成
検索選択
一日微善 ブログトップ

有難う!とは? [一日微善]

先日のぼた雪は理学療法に役立ち(と思っています)そのうえ、おまけがつきました。
それは「有難うございました」という感謝の言葉です。
夕方になり、新高校一年生になった隣の娘さんが駐車場の雪かきを始めた。
夫婦共稼ぎで、間もなく車で帰って来る母親のために雪除けをしている。
しかし母親が帰ってきてしまい間に合わなかった。
母親は路上に車を停めて母娘で雪除けをするが、
湿雪なので40cmもシャベルで雪を寄せると
重たくてもうそれ以上は進むことができない。
風太郎は見かねて、雪除けを手伝った。
やがて一段落して家に入ろうとすると
「有難うございました」と後ろから母娘が礼を言っている。
礼を言われ、「あっ、そうか雪除けを手伝ったんだ」と思った瞬間、
四十肩の痛みを覚えた。
隣の人は四十肩を患っていることは知らない。
「有難う」という言葉を頭の中で思い浮かべ
「肩が痛いと言う難が有るのに、それを我慢して手伝ってくれ感謝しています」
という意味なんだと自分勝手に解釈したら、小気味よさを感じました。

nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

微笑み返し [一日微善]

夕飯の食材を買いにスーパーマーケット買い物に行きました。
タイムセールで半額の食品が多くあったので、つい買い物のも多くなったしまった。
時間的に買いに来る客も多く、レジに行列ができる。
風太郎の後ろの人は、独身なのかすぐに食べられる惣菜を手にもっていたので
風太郎は「買い物が多いので、良ければお先に会計してください」というと
「よろしいんですか」と僕の前にきて会計を済ませにこりとして
「有難うございます」と言ったので、僕も「いいえ」と笑顔でこたえた。
お金をかけずこんな微善でお互いに笑顔になれる、
微笑みは身の回りに転がっているのかもしれません。
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全力を尽くして善業 [一日微善]

他人の善業を喜ぶだけでなく、 

あなたも全力を尽くして協力しましょう。

それが神への立派な奉仕になります。

(ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ 生活のスパイス365日」より)


人の善業を観ているのは実に嬉しく微笑ましいです。
風太郎は善業と呼ぶのには程遠いですが、その真似事をしてきました。
一昨日隣の室蘭市にある日帰り温泉に行きましたら、
70代の人が身体を洗い終わり洗面具を持ち着替場の方へ行こうとしています。
右手が不自由、1歩の歩幅が10cm位で今にも転びそうです。
それで洗面具が入った籠を持ってあげながら
「あとはどうしたらいいですか?」と訊ねましたら、右肩を貸してほしいいうので
右肩を向けると左手で右肩につかまり歩き始めした。
滑らないようにゆっくりゆっくりと着がえ場に着くと、
「もう大丈夫です」とにこりとしてお礼を言われました。
お礼を言われると大したことをしていないのに照れてしまいます。

ここまでブログを書いていて、当時を思い出したら、あら恥ずかしい。
両手はふさがっていたので、前は何も隠さずすっぽんぽんでした。
IMG_20141128_163341.jpg
明後日から雪が降る天気予報、
雪道が怖いので、露天風呂が再開するま頃までは行けそうもありません。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
一日微善 ブログトップ
メッセージを送る