So-net無料ブログ作成
ボランティア ブログトップ
前の10件 | -

子供見回り隊 [ボランティア]

残酷な事件の犯人が逮捕されました。

人当たりがよく感じのいい青年らしい。

自分に負けてはいけない。

いつも自分に克つ勇気が必要だ。


7時から子供見回り隊、自分の持ち場である交差点で1時間子供を見守る。

「なんで、孫もいないあんたが見守りをやるのさ。

子供や孫がいるひと(親、祖父母)がやればいいのに」

と周りの人から言われたことがる。


こういう人と議論する気はない。

そこに、見守りを必要としている子供たちがいる。

だから見守りに立つのです。


制度が変わり、見守りに立つ回数が減ったが、真冬は寒さと鼻水

いまは白樺花粉で涙と鼻水、それにくしゃみ。

先日、防犯部長から「無理すんじゃねぇ。特に冬は慣れていないんだから」

と言われた。


準備をして間もなく子供見回り隊に出発!

CHURCHEVENT_52.jpg



nice!(9)  コメント(0) 

新学年・新学期 [ボランティア]

今日から新学年の子供たちが初登校、見回り隊も活動開始です。

薄っすらと積もった雪は間もなく解けて、反射板になりピカピカの1年生は眩しそう。

IMG_7176.jpg

IMG_7183.jpg

IMG_7185.jpg

IMG_7188.jpg

横断歩道を渡ると一目散で学校へ

IMG_7186.jpg

nice!(15)  コメント(0) 

町内会役員の御礼 [ボランティア]

町内会の役員のお礼が届きました。

のし袋開けてみます。

2018.jpg

商品券500円が2枚

2018.3.jpg

年間で100万円弱の年金生活者にとってはありがたい。

冬季に使う使い捨てカイロを買う足しになります。

もし、役員の報酬が1000円だと前もって提示されたら引き受けなかった。

使い捨てカイロをポケットに入れ、鼻水を垂らして子供見回り隊や

町内会催事などの準備などやっていられない。

無報酬だと思っていたので、

この1000円の金券はありがたい。



nice!(11)  コメント(0) 

子供見回り隊 [ボランティア]

登校・下校時の子供見回りが当番制になり、道路に立つ回数はへりましたが

今日は朝7時と午後2時半からか見回りに立つことになっています。

ももこの手袋にホッカロンを入れてますが、時間とともに指先と頬が寒さで痛くなり

そして鼻水が雪の上に、自分の意志に関係なく垂れてきます。

でも子供たちの笑顔で大きな声で

「おはようございます」の挨拶で冷たさも和らぎます。

家を出る時にはマイナス10度でしたが、家に帰ると1度上がっていました。

KIMG1649.jpg

KIMG1647.jpg


風太郎にとって厳寒の北国での貴重な体験です。

ボランティア活動ですから強制ではありませんが

寒さと逃げて家に閉じこもっていては、この寒さを子供たちと共有できません。

一歩出ることで子供たちと笑顔で挨拶ができる、大事にしたいと思います。

nice!(4)  コメント(0) 

今日から夏休み [ボランティア]

風太郎が関係している、交通安全子供見回りは小学校が今日から夏休みに入ったので
登校、下校時の見回りも夏休みになる、はずがそうはいかない。
朝6時半からラジオ体操が公園で行われる。
去年は天候が悪く殆ど休み状態だった。
今年は初日から夏休みらしい天候で、
未就学児からお年寄りまで元気よく体操をしました。

ラジオ体操は子供たちにとって夏休みの定番。
子供や大人たちも1日の始まりを和気藹々と体を動かしているのは実にいい、
29日には登別市民ラジオ体操が行われる予定です。

2017.jpg

子供との会話は宝石 [ボランティア]

町内役員総出による新入学児童の朝7時からの子供見回り隊は、今日で終了した。
風太郎の属している子供見回り隊は、通常通りに下校時の見回りを行う。

信号が変わる短い時間だが、通学児の子供たちとの会話は楽しい。
「あんなでけぇ看板が頭の上に落ちてきたら、オレ ペッチャンコになって
タコ焼き見たくなっちゃうよ」
タコ焼きは普通は丸いのだが……。

少々肥満気味の子供に
「好きな科目はなに?」
「体育、だって面白いんだもの」
信号が変わり横断歩道を渡っていく子に
「体育がんばってねぇ」と声を掛けると、ニコリとして
「今日は、体育はないの!」

下をじ~と見ている女の子に
「どうしたの?」
「光っている石があるの」と拾い上げ
「あげるね、いってきまぁす」と駆け出していく。
良く見たら5mm四方のプラスチックの塊だが、子供からいれば珍しい石だったのだろう。

まだあどけない子供たちの会話は、純真で明るく宝石のように光っている。
この明るさは寒さも太刀打ちできない。

毎年恒例で新学期子供見回り最終日には町内会から粗品が出る。
今年は去年と同じ、20リットルのゴミ袋でした。
_0001.jpg

0005.jpg

子供見回り隊 [ボランティア]

1日、朝7時から交差点に立ち、小学生たちの登校を見守りました。
曇り空で今にも雨が降りそう。
殆どの子供たちはあざやかな模様の蝙蝠傘を持っています。
「おじさん、どうしてマスクをしているの?」
「花粉によるアレルギー性の喘息らしいんだ」
「そう、僕もね花粉症で太ももがかゆいの」
2年生の女の子に
「朝ご飯食べたかい」
「うん、たべたよ」
「そう、しっかり勉強してこいよ」
「は~い。いってきます!」
髪の毛が少し乱れている子供は、朝ご飯を食べて来なかった、とこたえた。
子供たちの姿を見ていて、服装などの身だしなみが整っている子の殆どは
朝ご飯を食べたと答え、顔が輝いていて元気がいい。

朝ご飯を食べたか否かは登校する子供に現れています。
育ち盛りですので朝ご飯はしっかり食べて欲しい。


新学期 [ボランティア]

今日から新学期が始まり、子供見回り隊のボランティア活動も再開しました。
2週間足らずの春休みでしたが、その間の成長にはビックリしました。
今までとはちがってとてもたくましい。
「今日から4年生だね」
「違います」
「?」
「5年生です」
進級したという自覚が体中から感じる返答でした。
3学期の終わりにもらった交通安全見守り隊への感謝状をバネに
まだまだ寒い日が続くが、寒さをこらえタチンボします。
2016.3.jpg

北海道は雪が降るのが当たり前 [ボランティア]

子供見回り隊をしていると、子供と張り合うあうわけではないが鼻水が出てくる。
家を出る前には洟をかみ、首には冷たい風が入らないように襟巻をしていく。
しかし現場に立ち、子供の安全を見守っているうちに、鼻水が出てくる。
元気よく走ってくる子供の中にも鼻水を垂らしている子もいるが、
それは子供が元気な証拠だ、と言い訳できるが、大の大人が鼻水を垂らしてはだらしがない。
洟をかむにも手袋はめているので、ままならない。
責任者に
「雪が降ったら子供見回り隊を休んでもいいですか?」と聞いたら
「北海道は雪が降るのは当たり前だ。お湯が降ったら休んでもいい」と言われた。
お湯なんてどう考えても降るはずがない。
子供は風の子といいが、風太郎はこれからどうしたらよかんべと、
日ごとに寒さが増すのが怖い。

1学期終業 [ボランティア]

24日は小学校の終業式でした。
その日は長雨が止み、朝から日本晴れ。
子供たちが午前中で授業が終わり帰って来るときの気温は28度。
殆どの子どもたちは髪の毛が汗で濡れ、信号待ちでは電信柱の陰に隠れようとします。
低学年の子は暑いのに歩いて帰る子は少なく、友達と競争して走って帰ります。
四月から子供見回り隊を町内役員から依頼され、4か月弱。
風太郎も子供見回り隊を2学期が始まるまで休みになり、気が楽です。
無事故で役目を果たせたのは嬉しい。

ランドセルを背負ってぎこちなく通学していた子供たちですが、
見送りながら背中をみると、身体も一回り大きくなりランドセルとつり合いがとれてます。
来月の19日から2学期が始まるが、全員無事故でまた通学してくれることを祈ります。
前の10件 | - ボランティア ブログトップ
メッセージを送る