So-net無料ブログ作成
検索選択

時間と人生 [心の栄養]

時間大切にしなさい。 そうすれば、
時間があなたがたを ずっと丁重に扱ってくれるだろう
ド・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのことば100」より

時間を過ごすと言うのは
自分の人生を過ごしていくことです。
時間を大事にしないのは、
自分の人生を大事にしていないのと同じです。
光陰矢の如し
時は金なり
いま。この瞬間を大事にしたいともいます。

北海道新幹線開業1周年(2) [道内の駅]

新幹線開業1周年を迎えてのいいことづくめの続きです。
NHKは、新しい交通網の新幹線は道内の経済活性化にも役立っている、
とべた褒めです。
本当にそうなの?と思いますが、それはそれとして木古内の新駅舎を紹介していきます。

無料の駐車場
IMG_0163.jpg

駅舎入り口
IMG_0166.jpg

案内板
IMG_0158.jpg

待合室
IMG_0171.jpg

木材コンクリート調和がとれた階段
IMG_0162.jpg

少しで勾配がきついようです
IMG_0177.jpg

天井には大谷選手のポスター
IMG_0160.jpg

2段構えの手すり
IMG_0211.jpg

新幹線の到着にあわせてバスが待っています
IMG_0223.jpg



祈願(不安をもって生活をしている人々) [祈願]

(神よ)
異国の社会で
不安をもって暮らしている人々を力強く支えてください。
だれもが兄弟姉妹として
生きる世界を実現することができますように。
聖書と典礼2017.3.26より

止むなく避難生活をしている人々に
周囲の人々が、兄弟姉妹として受け入れ
暖かな援助がありますように。

北海道新幹線開業1周年 [道内の駅]

昨夕のNHKでは北海道新幹線開業し、観光客増え、地元の名産品、新駅舎の紹介
など良いことづくめの生放送をしていましたので、
それにあやかり昨年6月に木古内駅新幹線の様子をご紹介します。


その日はあいにくの雨でした。
左右に細長い駅舎、正面に向かって右側半分
IMG_0114.jpg

左側半分
IMG_0115.jpg

手作りお祝いの垂れ幕
IMG_0161.jpg

改札口
IMG_0167.jpg

待合室
IMG_0168.jpg

駅舎は閉校になった木古内高校生デザインによる紹介
IMG_0170.jpg

時刻表
IMG_0172.jpg

清潔で静かなお手洗い
IMG_0173.jpg

IMG_0175.jpg

手洗い場は水滴一滴もなく清潔そのものでした
IMG_0176.jpg

2月の新十津川温泉 [旅行]

2月に新十津川温泉に行きました。
寒さは冷凍庫並みでマイナス20度近くあります。
朝、ホテルカーテンを開けると、
窓の取っ手は白く凍り付いていて触るのが怖いです。
IMG_3555.jpg

IMG_3557.jpg

外を眺めれば天はどこまでも青く、下はどこまでも白いです。
IMG_3559.jpg

IMG_3558.jpg

外を眺めた後は、冷めた身体を温泉で温めロビーに飾ってあるお雛壇をみると
体中がほんわかとなります。
IMG_3560.jpg
お雛様が飾ってある雛壇の赤色は暖かさを与えてくれる、魔法使いみたいです。

上に立つ人は我を捨てる [心の栄養]

上に立っている人は、
どんな場合でも
自分の我を捨てなければなりません。
ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのことば100」より

家庭において、家族から家長としての決断、方向性を求められたときに
自分の我を通すような意見だと納得は得られない。
やはり家族全員が多少の犠牲を払ったとしても
将来は自分たちの益になると思えば、目の前の苦痛にも耐えることができる。
それが指導性なのかもしれない。
人の上に立つ「長」は、自分の後ろからついてくる人たちの
納得を得られる舵取りをしていくべきだと、解釈しました。

明るく生きようよ [生きる]

居酒屋さんでご婦人の呑み友達ができました。
風太郎は月に1.2回しか行きませんので「いらっしゃいませ」と店員さん、
ところがご婦人が行きますと
「いらっしゃいませ!常連さんがお見えです」と店員さんの歓待の一声が店内に響く。
どうやら一日おき位に来ているらしい。
そのご婦人は、風太郎たちを見つけると「あら!」と言いながら傍に座る。
K婦人と言い20年以上前にご主人を亡くした。
年齢を聴いてビックリ、60代前半だと思い込んでいたのだが、風太郎よりも5歳上。

大きな声で話し、豪快に笑う。
なぜそんなに明るく毎日を過ごせるのか、と疑問に思い聞いてみた。
12年前に胆のうがんを患い、余命半年と宣告された。
札幌看護師をしている娘さんはそれをきいて驚き、自分の勤めている病院
手術を受けさせた。
余命半年なのに痛い思いをしたくなはないと手術を拒んだが、
結局子供たちの説得に応じた。
その後、2回全身麻酔で手術をし、
その後再発はしていないと笑いながら煙草をスパスパ。
「髪の毛も、下の毛も全部抜けてしまうのよ。頭だけではないのよ、ここもよ。
人生は楽しく明るく生きないと絶対に損よ!そうだと思わない。呑みましょうよ」

風太郎は紫煙は苦手だが、K婦人の快活な話しぶりには許してしまう。

IMG_005.jpg





6回目の年男 [いろいろな思い]

6回目の年男を迎えましたが、新年あけて早々義姉の葬儀、スノーアウト、
いまは2回目の四十肩で右肩が痛み、入力するのもおっくうです。
雪が解けたににゴルフの練習もできません。

先日 初めての車検に出したら、修理工場から「不合格!」の電話。
理由を聞いてみたら、右側ヘッドライトの角度が正面でなく横を照らしている。
調べてたら、角度を調整する軸が折れてて部品をそっくり交換しないとダメ!だという。
ボンネットを開けた時に、何か重いものを落とした覚えはないかと聞かれるが
ボンネットは、ウオッシャー液を補充する時に開けるぐらいで何も落とした記憶がない。

冷静に考えてみたら思い当たるのがありました。
これです。
http://hutarou.blog.so-net.ne.jp/2016-12-28

鹿と接触した衝撃でヘッドライトを調整する軸が折れたのです。
車にへっこみもなく安堵したのに、まさか大枚が3枚消えていく損傷があったなんて…。

今年も3月が過ぎたばかり、これか先どんな「!!!!」があるのか、不安と期待が満杯。


ナナちゃんのヘアトリートメント [動物]

ナナちゃんのヘアトリートメント代は毎月4000円かかるそうです。
オシャレするのは人間も動物もお金がかかります。
風太郎の理髪代は、一か月半ごとに1600円、3カ月で3200円です。
現職時代はシティホテル内の理容院で毎月6000円の散髪でしたが
いまは年間100万円の年金生活、
オシャレができるナナちゃんが羨ましい!!
IMG_3539[1].jpg

祈願 [心の栄養]

(神よ)
諸国の政治にたずさわる人を
あなたの英知で導いてください。
彼らが憎しみを捨て、広い心で
すべての人のしあわせを求めますように。
教会の祈り「聖務日課」より)

世界の国々の政治家が真の「和」「絆」によって
世の平和がなりたつことを悟らせてください。
自国から他国民を、あるいは自分の住んでいる地域から他府県の人を
排他することは「憎しみ」の温存になります。
「憎しみでは」なく「平和に満ちた」世の中になりますように。

火のないところに [心の栄養]

人は、自分のふところに火を隠して、
着物を焦がさないようにできようか。
(フランシスコ会聖書研究所 「箴言 」6:27)

懐に火を隠したと気付いたら、すぐ様に消してしまわないと
徐々に燃え移り、着ている物が丸焼けになり焼死してしまうかもしれない。
自分に過ちがあると気付いたら、隠さずにすぐに謝罪をし償えば
それほど大ごとにならないのではないでしょうか。
自分の言動が、やけどをもたらさない様に気をつけたいと思います。

「た」抜きの歌(春が来た) [今日の天気]

春が き
春が き
どこに き
山に き
里に き
野にも き

北国にも春の気配がしてきました。
9時半の気温は8度を超えています。
IMG_0986.jpg

家の横には蕗の薹が顔を出しています。
IMG_0982.jpg
久しぶりに土手を散歩したら
白鳥は寒いくにへ飛び立って行ったのか激減しています。IMG_0969.jpg

子供の白鳥も、
来年飛来してくるころは大人になり「白」鳥になっていることでしょう。
IMG_0968.jpg

土手も残雪は少なりなりました。
IMG_0981.jpg

餌をあげている人の手から直接くちにパクリ。
初めて見た光景で、風太郎は何回試みてもダメ、逆に早くよこせと威嚇されました。
IMG_0980.jpg

IMG_0978.jpg

餌を投げると、どこからともなく素早く飛んできて横取りするのはカモメ。
IMG_0979.jpg

オロフレ山の雪帽子にも暖かさを感じます
IMG_0976.jpg

IMG_0974.jpg

のどかな一日を迎えています。

蜂は人間の手本 [心の栄養]

蜂の所に行け。
蜂がいかに働き手であり
またその成し遂げる仕事がどのように尊いかを、よく考えてみよ。
その作り出すものは、王たちや人々の健康食になる
蜂はみなに好まれ、尊敬されている。
力が弱くても、
その知恵は尊ばれており、秀でている。
(フランシスコ会 聖書研究所刊)

昨日の「責務を果たす」の続きです。
http://hutarou.blog.so-net.ne.jp/2017-03-15
上記は一般の聖書には載っていませんが、
ギリシア語訳に比喩として加えられてるそうです。

蟻も蜂も自分が、上役だとか下役だと思ってもいないし
支配するのも支配されるのもいない。
自分たちの役目は平等である。
会社の社長も社員が居なければ、何の権限も振るうことができない。
会社は、重役や管理職ばかりでなく、一般社員が居なければ会社は成り立たない。
すべては丸い円。
上下左右はなく、どこか欠けても円にはなりません。
丸い輪(和)があってこそ企業も潤い、社員の満足感があると思います。
IMG_0056.jpg

責務を果たす [心の栄養]

怠け者よ、蟻の所に行き、
そのすることを見て、知恵ある者になれ。
(フランシスコ会聖書研究所 「箴言」6:6)

女王蟻、兵隊蟻、働き蟻、その他に子守蟻、食料番蟻なごあるらしい。
蟻は自分の役目をひたすら果たしている。
自分の身分は考えず、また仲間の蟻の仕事を奪おうともしない。

怠け者は、同僚の仕事が羨ましくなり、苦労や努力をしないでそれに着こうとする。
しかし、いざついてみると自分が思ったような仕事ではなくやる気がしない。
知恵のある人は、与えられた役目を果たし、その中に喜びを見いだすことができる。
と解釈しました。

務めを無事故で [祈願]

(神よ)
激しい労働や危険な仕事に従事する人々を守ってください。
一日の務めを無事に終えて、
家族と喜びをともにすることができますように。
教会の祈り「共同祈願」より

どのような仕事でも、多かれ少なかれ危険は伴いますが
その中でも、
一歩間違えれば命を落としかねない大変危険な仕事に従事している人が沢山います。
今日も無事にお勤めを果たし、
家族と共に喜びを分かち合えることができますように。


正しく賃金を払う [心の栄養]

賃金はその日のうちに、日没前に支払わねばならない。
彼は貧しく、その賃金を当てにしているからである。
彼があなたを主に訴えて、罪を負うことがないようにしなさい。
申命記 24章15節


モーセの時代にも、労働者虐めがあったことがこの1節でわかる。
此処で言う労働者は日雇い労働者で、
夕方に払ってもらった賃金で食料などを買い、家族を養わなければならない。
蓄えが無い貧しい人々は、
その日の日当はその日に払ってもらわないと死活問題なのだ。

サービス残業という無償労働が報道され、また裁判沙汰になり企業は赤っ恥を書いている。
労働者の殆どは、労働あの見返りである給料で生活をしている。
正しく働いている人には、正当な賃金を払いなさいと言う戒めですが
風太郎も正しく賃金を払ってきたのか、と自分に問いかけています。


信じる「愛」を持っていますか [心の栄養]

他人の評価には、たしかに的確なものもあり、
それに謙虚に耳を傾けることも重要である。
しかし、他人の評価がすべてではないことも知らなければならない。
他人も不完全だからである。
PHP文庫 渡辺和子著「愛と励ましの言葉365日」より

自分の優越感に目がくらみ、他人が自分に進言、注意、評価してくれると
「なに言ってるんだ。言っているお前だって同じことをしているではないか」と
腹の中で思ったり口に出すことがある。
しかし、そういう風に言ってくれるということは、自分に対していくらかでも
関心があるからである。
評価、注意などは、謙虚にありがたく受け止める必要がある。
それないと、自分自身の成長はない、と風太郎考える。

3.11 東日本大震災追悼復興祈念 [生きる]

隣の市、室蘭市の教会での東日本大震災追悼ミサに与ってきました。
国などからの被災者への援助は、減額されたり打ち切られたりしていきますが
決して私たちはあなた方を忘れはしません。
自分のできることを、できる範囲で援助していきたいと思います。

被災された方々と沢山の人達が絆で繋がり、応援しています。
IMG_4372.jpg

IMG_4328.jpg

宮古の想い [ボランティア・東日本大震災]

各報道機関は、東日本大震災の復興状態などを取り上げ
あらためて原発や津波による被害の大きさを報じているが
風太郎も2回目に宮古へ行ったときの写真を撮りだし、
被災者一人ひとりの顔を眺めては、いまどうしているだろうかと気になっている。

すべてを奪い去った津波
IMG_4369.jpg

IMG_4377.jpg

IMG_4418.jpg

列車が通らない踏切
IMG_7040.jpg

男性は職場に行っている間に主婦の皆さんは仮設住宅内の集会場に集まり
自分たちの特技をいかし、支えてくださっている人達にお礼の品物をこしらえたり
或いはお茶を飲みながら話に花を咲かせ、落ち込んだ気持ちを見せまいとしている。

出来上がった作品は材料代のみの値段なので大半は1個200~300円
大きい作品は500円以上するのもあります。
IMG_6984.jpg

IMG_6987.jpg

ぼく達は、集会場でお茶菓子や飲み物の提供、地域によってはお昼ご飯をこしらえて
一緒に食事をすることもあります。
IMG_6598.jpg

大震災に遭った人たちが寄り添って生活をし、親戚以上に濃いお付き合いをしながら
仮設住宅で過ごしているが、復興住宅が完成すれば、
それぞれ別れ別れになり新たな淋しさと悲しみが待っている。


求めています [心の栄養]

(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)
「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。
門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。
あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。
魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。
このように、あなたがたは悪い者でありながらも、
自分の子供には良い物を与えることを知っている。
まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない。
だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。
これこそ律法と預言者である。」
マタイ 7章7~12節

今日のミサで朗読される聖書の一部で、有名な聖句です。
間もなく東日本大震災発生から6年目を迎えます。
5年前に宮古へ奉仕活動へ行き、
1年を過ぎているのに目の当たりにしたのは無残な光景でした。

IMG_4435.JPG
ガソリンスタンドは原型をとどめないほど破壊され、津波が引いた後には横断歩道橋には
沢山の遺体が引っかかっていたそうです。

IMG_4620.JPG
仮設住宅には日本をはじめ世界から多くの励ましの手紙が届いていました

IMG_4657.JPG
山田線はまだ完全復旧には至っていません。線路はさび付いています
被災者は、日夜私たちに物質的にまた精神的にも少しでも
不足しているのを補ってくれることを望んでいます。
被災者との想いをさび付かせてはいけません。

預言者は未来を予言することではなく、神様からの言いつけを預かっている私たちです。
求められ、戸を叩かれても、私たちがそれに応えなければ預言者でないと思います。
風太郎も3来る3月11日を迎えるにあたり、果たして自分は預言者であるか問いただし
心を静かにして、何を求められているかを、考えてみたいと思います。

悪を避け自分の道を進む [心の栄養]

悪人どもの道を歩みをたどるな。
悪どもの道を歩むな。
そこに踏み込むな。そこを避けよ。
そこをそれて、お前の道を行け
(フランシスコ会聖書研究所 「箴言」4章14-15節)

北国の冬の道は歩くのが怖い。
路面凍結で、降った雪の凹凸で足を滑らせ転ぶことがる。
転ばなくとも転ばないように気をつけて歩くのは疲れる。
少しの油断で滑って転んでしまう。

悪の道も、自分が少しでも心に油断があれば悪の誘惑に負けてしまい
あとで痛い目に合う。
路面凍結した道も、周囲の人達が教えてくれたように歩けば転ぶ回数も減る。
同じように、親の忠告、神仏の教えに従えば、悪の道から遠ざかることができると
解釈しました。

目に見える愛 [心の栄養]

あなたの隣人を愛しなさい。
神を愛しているかどうかは分かりにくいものですが、
隣人を愛しているかどうかなら分かるはずです。
マザー・テレサ

風太郎は、見えない神を「愛しています」と唱えるのは簡単ですが
ではどう言いうふうに愛していますか?と問われたら返答に困ります。
大方の場合は口先だけで行動が伴っていないからです。
隣人にたいして「愛しています」と口先だけ言っていますと
バカにされ「何言ってんだよ。どこが愛してんだよ」と言われるのが落ち。
神様に「愛しています」と言う前に隣人を愛すること、そうすれば
神様は「愛しています」と言わなくても分かってくださいます。

善行の報酬 [心の栄養]

善行に対してそのうえどんなごほうびがほしいというのだ?
善事をなすときに味わったあの喜びの中で、
すでにその報酬は与えられれている。
報酬はどんなものでもこの喜びを少なくする。
(女子パウロ会刊「トルストイことばのひめくり」より)

善行・善事をしたときに
「ありがとう」の一言が大きな報酬なのだ。
たとえ言葉がなくても顔の表情をみれば感謝で溢れている。
それはいつまでも消えることない喜びとして残る。
こんなに心を満たしてくれる報酬はない。

全世界を手に入れても [心の栄養]

(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)
「人は、たとえ全世界を手に入れても、
自分の身を滅ぼしたり、失ったりしては、何の得があろうか。」
新約聖書 ルカ 9章25節

遺産相続で少しでも多くの財産を分けてもらおうと親族・兄弟姉妹と争ったり
不正な方法で地位、名誉や自分の会社を有利にしたり
或いは一国一城の主になるために、自分の意にそぐわない人を排他し
意のままにに支配できたとしても
結局は後ろ指をさされない自由の身であり、命があってのものだと思います。


虚栄とは [心の栄養]

虚栄とは、
自分にはないもの、
自分にあっても自分のものではないもの、
誇るに足らないものを誇ることです。
ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より

風太郎は、虚栄をはるとなぜ疲れる理由が分かりました。
これからは、ない袖は振れぬでいきます。

メッセージを送る