So-net無料ブログ作成

貪欲 [心の栄養]

今日のミサの中で朗読される聖書の一部です。
 
(そのとき、)群衆の一人が言った。
「先生、わたしにも遺産を分けてくれるように兄弟に言ってください。」
イエスはその人に言われた。
「だれがわたしを、あなたがたの裁判官や調停人に任命したのか。」そして、
一同に言われた。「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。有り余るほど物を
持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである。」
それから、イエスはたとえを話された。「ある金持ちの畑が豊作だった。金持ちは、
『どうしよう。作物をしまっておく場所がない』と思い巡らしたが、やがて言った。
『こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産をみなしまい、
こう自分に言ってやるのだ。「さあ、これから先何年も生きて行くだけの蓄えができたぞ。
ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』
しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、
いったいだれのものになるのか』と言われた。
自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。」
(ルカによる福音書 12章13節ー21節)

世界中の金銀財宝やお金を独り占めにし、また国々を自分の支配下に置いたとしても
永遠の命を失ってしまっては空しい。
神に喜ばれる目に見えない財宝を積みましょう。
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先んずれば [心の栄養]

先んずれば人を制す
2016.7.jpg
風太郎は、会合や集会、会議などに時間ぎりぎりに行く癖がある。
会場に到着すると大半の人は席についていて、扉を開けて入と皆の眼が風太郎に向けられ
「今ごろきやがって、もっと早く来いよ」と言う顔をしている。
自分の席に座り休む間もなく会議が始まり、会場の雰囲気がつかめず、
頭の中が整理できてないうちに意見を求めらると、あがってしまいチンプンカンプンなことを
言って自分でも何を話しているのか分からなくなることがある。
でも、時間に余裕を持って皆よりも早く行き、席に座っていると
会場に入ってくる人の様子も分かり、発言内容も落ち着いて話せる。

極力、開始前の30分前には会場に入るように気をつけていきたい。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏休みのラジオ体操 [北国での生活]

わが地域は26日から小学生は夏休みに入り、
公園で朝6時半からラジオ体操が始まります。
おじいちゃんももおばあちゃんも、そしてお父さんもお母さんも、
兄弟姉妹お友達みんなで元気よくラジオ体操です。
誰しも夏休みは経験があると思います。
今年は異変が起こりました。ニュースなどでご存知かもしれませんが連日の大雨で
27日は24時間で約260mmも降ったそうです。
28日は6時過ぎから小降りになりましたので、
開催できると思い会場に車を走らせ10分前に到着。
しかし、いるのは一部の役員だけ
KIMG0271.jpg
6時25分頃に男の子が来て、
この状況を見ると「友達を読んでくる」と走って行きました
KIMG0272.jpg
6時半ぎりぎりに呼ばれた友達が集まってきました
KIMG0273.jpg
今夏初の夏休みラジオ体操です
KIMG0280.jpg
29日の二日目は直前まで雨が降っていたので寂しい人数
KIMG0286.jpg
役員の一人が持ってきた昭和37年に買った鉱石ラジオは元気よくラジオ体操の放送
KIMG0288.jpg
この二日間はラジオ体操中の前後10分間は雨が降りませんでした。
神のお恵みに感謝です。
これを一般的に偶然と言いますが、人間の頭では考えられない良い偶然でした。
最終日の今日は曇り空、今日は参加賞がもらえるので早いうちから集まっていました
KIMG0292.jpg
参加賞は子供たちは花火とお菓子、大人はお茶とちり紙1箱です。
KIMG0305.jpg
三日間とも皆勤した親子3人、満足そうでした
KIMG0310.jpg

子供見回り隊としての役目もしばらく夏休みに入ります。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悔いの残る思い込み [いろいろな思い]

昨日、パソコンの配置換えをしていたら右肩が急に痛くなりました。
多分変な姿勢で肩の筋を痛めたのかもしれません。
痛み止めを塗りましたら、痛みが和らぎました。
我が個室の広さは2畳、そこにパソコンはデスクトップとノートパソコンの2台、
スキャナー、プリンターと本棚があり、狭苦しい。
何とか快適に過ごしたいと、配置換えを何回かしいていますが、うまくいきません。
配線をよく見たら、無線ランを使用しているのにランケーブルがつながっています。
モデムとランケーブルを外している最中に肩の痛みを覚えました。
少し動かしても痛みが走りますが、我慢をして無事に終了。

登別に越して来る時には書斎は2坪あれば十分と決めて、
自分なりの配置を考えていました。
家が出来上がり、いざ東京から越してきて書斎に入ると何だか変?
実は、頭の中は2坪、注文するときに口から出たのは2畳だったのです。
予定の半分の容積しかないので、書籍なども未整理のまま小屋に入ったままです。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

障害者施設での盆踊り大会 [いろいろな思い]

障碍者施設で痛ましい事件があり、亡くなられた方々のご冥福を
また怪我をされた方々がの一日も早いご回復をお祈りいたします。

風太郎が奉仕活動に行っていた施設も、被害に遭った同じ神奈川県です。
8月の盆踊り大会には、家族や多くの奉仕活動の方、地域住民のかたが集まり、
焼きそば、ようよう吊などの屋台村、楽しい盆踊り、
そして最後は花火を打ち上げてお終いです。
歩行困難な人は防護帽を被り、家族や周りの人たちに付き添われて踊ります。
入所者が50代以上の親御さんはご高齢なので、
入所者と一緒に躍るのに苦労していますが笑顔で満足そうです。
歩行困難な人も踊りの音楽が鳴りだすと、
信じられないくらいピッシとして律動的に躍ります。
何をやってもオンチな風太郎に、炭坑節の踊りを一生懸命に教えてくれますが
皆と速さが合わず笑われていました。

障害者も健常者も同じ大切ないのちです。
お互いに労わりあいましょう。

nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相模原殺傷事件に思う [いろいろな思い]

知的な障害者が入所している施設内で
実に悲惨な事件が、身勝手で独善的な考えを持つ人によって起きました。
風太郎も北国に越して来る前には、
知的障碍者の施設に奉仕活動に行ったことが有ります。
10代から60代までの人が入所していて、一生懸命に生きています。
一生懸命に生きているが、一人ではなかなか思うようにはいかないことがある。
だから職員や周囲の人達が、入所者たちが不足しているのを助け、生きている喜びを
分かち合っています。
言葉が思うように離せない人、一人では歩行困難な人など障害は様々だが
心の中は純真無垢で活発でとても朗らかです。
あるクリスマス会で、寸劇や合唱などの演奏がありました。
同じ席の20代後半の入所者の女性は「あの左から2番目の男の人は恋人なの」と
聞き取りにくい声と言葉ではにかみながら話してくれました。
その男の人が台詞がなかなか出て来ないと「がんっばってぇ!」と応援しています。

為政者のなかにも、
物理的な力などで自分の考えを押し通そうとしている風潮が見られます。
オエライ方々が、暴力や物理的な武器では人をせいすることは出来ないと模範を示し、
民を指導していくことも、こういう事件を減らすことになるのではと思います。



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

びふか松山湿原での珍事 [旅行]

7月14日雄武の親戚の家から50分位走ったところに「秘境びふか松山湿原」という
看板を見つけました。
IMG_0328.jpg

IMG_0342.jpg

道は上り坂で狭く曲がり角が多いので、車同士がすれ違うのに所々に待避所があります。
IMG_0337.jpg

案内板
IMG_0329.jpg

IMG_0331.jpg

IMG_0335.jpg

厠に入り「小」をしようと前を見ると、終わった後に流すペットボトルに蜂がいます。
IMG_0336.jpg

IMG_0341.jpg

IMG_0338.jpg

慌てて大事なものを引っ込めて出てきました。
もし肝心な筒を刺されたらエライことです。
幸いにも下に降りたら便所がありましたので助かりましたが、ビックリしました。


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

永遠の目標 [心の栄養]

困難が不意に生じても、
それを解決する前に、
必ず永遠に目を向けてごらんなさい。
そうすればどんな問題も小さいことに見えます。
ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より

しっかりした目標を持っていれば、その目標を達成するために
いまの困難、苦しみがあるのだと気付きます。
受験勉強がその例だと思います。
永遠の命を得るために、この世の困難に耐え忍んで行きたいと思います。
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏休みを迎えた子供たち [祈願]

夏休みを迎えた子供たちが、
いつもと違う体験や出会いを通して神の愛を感じとり、
心身ともに豊かに成長できますように。
「聖書典礼2016.7.24.共同祈願より」

この辺の地域は中学生が22日、小学生が25日から夏休みです。
子供たちにとって、夏休みは新しい出会いで心身ともに成長する時期でもあります。
また様々な誘惑にも合うかもしれません。
無事に一回り大きくなって、新学期を迎えることができますように。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

独麦のたとえ [心の栄養]

今日にミサで朗読される聖書の一部です。

イエスは、別のたとえを持ち出して言われた。
「天の国は次のようにたとえられる。ある人が良い種を畑に蒔いた。
人々が眠っている間に、敵が来て、麦の中に毒麦を蒔いて行った。
芽が出て、実ってみると、毒麦も現れた。僕たちが主人のところに来て言った。
『だんなさま、畑には良い種をお蒔きになったではありませんか。
どこから毒麦が入ったのでしょう。』主人は、『敵の仕業だ』と言った。
そこで、僕たちが、『では、行って抜き集めておきましょうか』と言うと、主人は言った。
『いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。
刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。
刈り入れの時、「まず毒麦を集め、焼くために束にし、麦の方は集めて倉に入れなさい」と、
刈り取る者に言いつけよう。』」
新約聖書「マタイによる福音書 13章24節-30節」


此処での畑は私たちの心、良い麦(善行)・毒麦(悪行)の種をまくのも自分です。
人々の心の中には、善行と悪行を勧める二つの麦の種があります。
神様は善行を勧めていますが、人間は自由意志を持っていますので
どちらも選ぶことができます。
無意識に悪行の道を歩んでいると気付いたならば、
善行の道を歩むように軌道修正をします。
最後に刈り取るのは神様です。
もし故意に悪の道に進み、神のおきて、すなわち無節制で自分中心的な生活をし
隣人に愛情を注がない生活するならば、永遠の命は破滅に導くと
解釈しました。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紋別 海辺のラベンダー花畑(終) [旅行]

北海道は球種の2倍の面積があります。
道内の天候は変わりやすいので
道内の観光客の皆さんは勿論ですが、道外の方も余裕を観光を楽しましょう。
紋別だけでもこんなに楽しむ所があるんです。
IMG_0230.jpg

さて、ラベンダー畑の帰り際に売店に寄ってみましたら、
笑顔でお出迎えが待っていました
IMG_0192.jpg

IMG_0224.jpg

IMG_0225.jpg

IMG_0228.jpg

IMG_0229.jpg

IMG_0227.jpg


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紋別 海辺のラベンダー花畑(2) [植物]

変わった形のラベンダーの花?
IMG_0194.jpg

IMG_0195.jpg

よく見たら花の名前が「アリウム・ギガンチウム」と書いてありました。
IMG_195.jpg

紅白のめでたい花(名前は知りません)
IMG_0193.jpg

ラベンダーの花
IMG_0186.jpg
IMG_0203.jpg

IMG_0204.jpg

IMG_0199.jpg

IMG_0198.jpg

ラベンダーは草花ではなく、立派な木(小低木)だったんですね。
IMG_0208.jpg
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

戒めを固く守る [心の栄養]

戒めを固く保って捨てるな。
それをよく守れ。
それはお前の命だから。
悪人どもの歩みをたどるな。
悪人どもの道を歩むな。
そこに踏み込むな。そこを避けよ。
そこをそれて、お前の道を行け。
フランシスコ会聖書研究所 旧約聖書「箴言4章13-15節」

小さい頃は「言いつけをよく守りなさい」とよく言われました。
学校に行くときには「先生の言いつけをよく聞いて守りなさい」
親戚の家に行けば「親の言うことをよく聞きなさい」
社会人になれば「上司や先輩のいうことをよくききなさい」
どれも、その道のおしえに良く従いなさい、ということでしょう。

でも誘惑に負けてしまい、
指示に従わなかったりして思わぬ事故や失敗をすることがある。
その時になって、「あの時に言いつけを守っておけばよかった」と後悔をする。

後悔のない一生過ごすために、教えと戒めを守って生きていきたいです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

舌を慎む [心の栄養]

無益なつぶやきを警戒し、
舌を慎んで謗りを避けよ。
ひそかな話も罰を免れず、
偽りを吐く口は魂を殺す。
フランシスコ会約 旧約聖書「知恵の書1章11節)

やたらと不平不満や誹謗、悪口などは自分の口から飛び出すと
それを防ぐ壁はなく、自由に動き回り、あらゆる人の耳に入ってしまい、
言われた本人だけでなく、周り回って自分に返ってきます。
おしゃべりも、ほどほどにしないといけないと反省しています。


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紋別 海辺のラベンダー花畑(1) [植物]

7月13日は、雄武へ行く前にホテルからラベンダー花畑へ向かいました。
http://mombetsu.jp/soshiki/kensetsu/toshikensetsu/news/2013-0711-1002-143.html

ラジオでこのラベンダー畑の事を放送していたのを思い出して、
急遽甥たちと行くことになったのです
IMG_0207.jpg

IMG_0192.jpg
思っていたよりも広い花畑にビックリ。
IMG_0207.jpg

IMG_0231.jpg

IMG_0216.jpg
ラベンダーの花は紫と思い込んでいたら、勝手に思い込むなと4色の花が咲いていました
IMG_0196.jpg
山の反対側は海、少し雲がありますが広々として開放感があります
IMG_0214.jpg

IMG_0211.jpg
海辺の真ん中に見えるのは海中公園です
http://www.o-tower.jp/guide/
IMG_0212.jpg

IMG_0206.jpg

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大海の一滴 [心の栄養]

2016.7.jpg

マザーテレサは次のように言っています。
「わたしたちのしていることは、大海の一滴に過ぎません。
ですが、もしこれをするのをやめれば、大海は一滴分小さくなるでしょう。」

毎日食べるご飯粒も、
あの小さな一粒一粒のお米がが私たちのお腹を満足させてくれます。

今日もお互いに、
大海の一滴になり、融合し手を取り合って穏やかに過ごすことができますように。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年初のゴルフ [ゴルフ]

今年初のゴルフコース、白老のゴルフ場へ行きます。
今までに何回か誘われましたが、足に指に水虫ができて熱を出したり
あるいは都合が悪かったりで延び延びになっていました。
北海道のゴルフができる期間は短いので、
これを機会に積極的にコースに行こうと思っています。
3時に起きましたが、天候は雨が上がったばかりで気温は17度、
空を見上げればまだ降り足りなそうな顔をしています。
日照が続いたときに降ってくださいな。

昨日、今日のために練習に行きましたが、やはりにわか練習はダメ!
ボールの腹ばかり叩き、カチンとおとがしてチョロチョロと転がり
小さな子供が遊びでゴルフの練習をしているみたいで、
自分で自分を笑ってしまいました。

今日は同伴者に迷惑をかけ、ボールは10個近くなくすこと間違いなし。
でもなるべく迷惑をかけず、ボールとも縁切りにならないよに回ってきます。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

射撃の極意 [便所]

道の駅 奈井江の便所に入りましたら、目の前に張り紙が貼ってありました。
IMG_0165.jpg

IMG_0167.jpg

目を近づけて見てみますと「射撃の極意」とあります。
IMG_0166.jpg

最後に、お疲れさまでした「自衛隊」とあります。
北海道は自衛隊の基地が多くあり、
遠出をすると自衛隊の車列に会わない日はなく、
車両も多いので道の駅で休憩している場合が多いです。

お互いに射撃の名手になり、気分よく便所をつかいたいものです。





nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

両親の教えを守る [心の栄養]

わが子よ、お前の父の教育に聞き従い、

母の教えを捨ててはならない

それらは、お前の頭の美しい花環、

お前の首飾り。

フランシスコ会聖書研究所「箴言1章8-9節」より

父親の躾教育は厳しい。
時には鉄拳の雨が降る。
しかし母親は父親の厳しさを諭してくれる。
それらはやがて自分が成長したときには、人生を歩むのに誇らしい装飾となる。
ということだと思います。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いのちとは、成長 [心の栄養]

いのちとは、成長です。

それに励んで生きましょう。

せせらぎ「いのちのうた、いのち」より

明日は、今日よりも自分という自分の生き方が成長していく生き方が
大事だと解釈しました。
周囲が成長させようとしても、自分自身が成長する気がなければ
自分の人生はしおれるばかりです。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三食ホタテづくし [食べること]

先週の13日は、朝・昼・夕食ともホタテをたっぷりといただきました。
ホテルでの朝食はビュッヘ方式でホタテ貝の刺身と、ホタテ貝のサラダ、
昨日のまるとみの刺身の盛り合わせとは違い、どちらとも丸ごとなので思わずニッコリ。
KIMG0262.jpg
お昼には雄武に行き親戚の家で昼食。
なんと風太郎が麺食いだと知っていたのでお蕎麦を湯がいていてくれました。
IMG_0234.jpg
おまけに、ホテルよりも一回りも大きなホタテ貝がたっぷり、丸ごと口の中に入れると
口の中は飽和状態です。
IMG_0232.jpg
昼食後はオホーツク海沿いに北上し、岡島の道の駅へ
IMG_0235.jpg
道の駅から山側に曲がり、山中へ入っていき、日帰り温泉歌登温泉でくつろぎました。
IMG_3320.jpg
IMG_3337.jpg
温泉からでて再び雄武の親戚の家で夕食です。
またまた丸ごとの帆立貝と毛蟹、タコ刺し身と風太郎の好物がお膳にズラリと並んでいます。
IMG_3341.jpg
IMG_3343.jpg
先ずは生うにご飯を頂きました
IMG_3340.jpg

いままでにこれほど生の帆立貝を食べたのは生まれて初めてです。
至福なひと時でした。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オホーツク紋別 [旅行]

昨朝6時に家を出発して紋別に来ています。
霧がかかり景色がぼんやりしてよく見えません。
IMG_3313[1].jpg
水産工場の周りはカモメがおこぼれを狙っています
IMG_3316[1].jpg

一般道路を走り約9時間半、毎年見舞いを兼ねて来ますが北海道は広い、と実感させられます。
札幌の甥とホテルで待ち合わせをしていたので、紋別に来ると決めている店で一緒に夕食。
http://marutomi-kani.com/tenpo.html

お刺身の盛り合わせはかんぱち、タイ、つぶ、鮭、ホタテ貝
IMG_3304[1].jpg
ホッケ
IMG_3308[1].jpg
ズワイガニの刺身
IMG_3310[1].jpg
つかんだとたん「あっち~」と離してしまった枝豆。
出てくるのに時間がかかったのは注文してからゆがいたからでした。
IMG_3312[1].jpg



nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いのちは挑戦 [心の栄養]

いのちは挑戦です。

それに向かいましょう

せせらぎ「いのちのうた」より

川の流れも淀んでしまえば腐ってしまいます。
いのちも、到来しない1秒先に挑戦していかなければ
そのままとどまってしまいます。
挑戦の先には希望があります。
それに向かって、風太郎は今日も挑戦して生きます。

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いのち [心の栄養]

いのちとは、成長です。

それに励んで生きましょう。

せせらぎ「いのち」より


生きている限り成長していかなければならない。
成長するためには栄養が必要だ。
農作物は農夫によって水や肥料を与えられる。
人間が成長していくためには、お互いに励まし愛し合っていくことが大切、
だと風太郎は解釈しました。



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

景勝地は逃げないで待っています [旅行]

我が地域も4日連続お日様を仰ぐことができました。
それにつれて、最高気温が18度前後だったのが25度前後になり夏本番です。
道外からリヤカー、徒歩、車、バイクなどで訪れる人が多くなり、それに伴い
心配なのが交通事故です。
追い越し禁止車線でも、追い越し線をはみ出して追い抜いて行く車両がいます。
折角高いお金を払ってカーフェリーなどでいらっしゃるのですから、ゆっくりと北海道の
景色や、豊富な温泉などを楽しんで行ってください。
風光明媚な景勝地は逃げないで皆さまをお待ちしています。
下の写真は、全国的には有名ではありませんが5月末に行きました
室蘭の海岸の景勝地です。

この海岸は室蘭の手前、イタンキという砂浜でサーフィンで賑わっています
IMG_0627.jpg

IMG_0629.jpg

IMG_0630.jpg

IMG_0631.jpg

IMG_0632.jpg

IMG_0636.jpg

IMG_0637.jpg

IMG_0640.jpg

小さな交差点でも、きちんと静止し、一時停止と安全確認をしてゆっくりと走っていきました。
IMG_0647.jpg

IMG_0670.jpg


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

善きサマリア人 [心の栄養]

すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試そうとして言った。
「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」
イエスが、「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」と言われると、
彼は答えた。
「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、
あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」
イエスは言われた。
「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」
しかし、彼は自分を正当化しようとして、
「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。

イエスはお答えになった。
「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、 追いはぎに襲われた。
追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、 半殺しにしたまま立ち去った。
ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、
道の向こう側を通って行った。
同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、
道の向こう側を通って行った。
ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、
近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、
宿屋に連れて行って介抱した。
そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、 宿屋の主人に渡して言った。
『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』
さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」
律法の専門家は言った。
「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。
「行って、あなたも同じようにしなさい。」
 (ルカ 10章25~37節)

今日のカトリック教会のミサで、あの有名な善きサマリア人の例え話が朗読されます。
律法学者は人々に法律や宗教学を教える立場にいる人たちで、
祭司は神殿で大衆の前で祈ったり式典を行う人達でしょう。
レビ人も神殿に仕える人ですが、サマリア人とはあまり仲がよくありません。
レビ人と仲が良くないサマリア人は軽蔑されていました。
いくら立派な祭司や高貴な人でも、その行いの中に「愛」がなければ
祈りをささげても神様は聞いてくださらないかもしれません。

「愛」「善行」「隣人」などと一日中気にしていたら、ノイローゼになってしまいます。
日々生活をしていく中で、困っている人を見かけたら進んで助けることが大切だと言う
教えだと思います。

「貧困や飢餓に苦しむ人々の現実に世界の目を向けさせてください。
一人ひとりの小さな行いが支援の力の一粒となって実を結びますように。」
と皆で祈りました(共同祈願)。



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

参議院選挙の投票日です。 [いろいろな思い]

近所ののお医者さんから
「投票する人を決めたの?」と聞かれましたので、まだですと答えました。
彼は医師会から推薦されている某氏を投票しなければいけないと、少し不満そう。
自分の政治信条と会わないらしい。
だったら自分に合う人に投票すればいいのでは?というと、
医師会で決めたことだからそう言う訳にもいかないという返答。

選挙の投票日の度にブログに書きますが、自分と同じ宗教・故郷・母校、
友達に勧められたから、同じ職場だったなどのしがらみで
大事な1票を投じるのは疑問に感じます。

年金生活者である風太郎の関心は、「消えた5兆円」です。
株への投資で国民一人当たり4万円の損、5人家族で約20万円の損をだし、
その詳しい説明は、参院選の投票後に発表するといういやらしい姿勢です。

風の噂では安倍総理の現政権が推し進めた政策のひとつとか。
戦争法のように、当選したら隠し玉を出すのではなく、
正々堂々と国民に対する政治信条を伝える人に投票したいのだが……。
誰に1票を投ずるかまだ迷っています。




nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あの~2合注文したんでけど!? [食べること]

気がつけば一か月ぶりのブログです。

昭和の日に札幌のホテルに泊まりました。
お祝いごとのあとでしたので、お腹は破裂する寸前。
お腹を軽くするために街の中を歩くことにしました。
風太郎は賑やかな通りよりも、猫がのうのうと歩いている裏道が好きです。
と、目に入ってきたのは、この看板。
IMG_3256.jpg
お腹の方は拒否するがそれを無視して暖簾をくぐりました。
店に入ると、大きなお皿の上に美味しそうな「おふくろの味」の煮物が並んでいます。
先ずは熱燗を注文、1合ですか2合ですかと聞かれたので迷わずに「にごうです」。
IMG_3250.jpg
出てきたお銚子は、風太郎の意地汚さで2合にしては小さいと直感、
「あの~2合注文したんですけど」
「はい、これが2合です」とお袋ならぬ女将のこたえです。
食卓塩の瓶と太さはそれほど変わらないが長さは約2倍であげ底。
風太郎のお腹は「だからやめとけと言っただろう」と囁く。
IMG_3254.jpg
少し落ち込みながら出された肉豆腐の「お通し」はさすがお袋の味、美味い!。
IMG_3255.jpg
他にかすべの煮物などを注文したが「やはりこれがお袋の味」だと
今は亡きお袋を思い出し、ちびりちびりと大事に熱燗をいただきました。

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る