So-net無料ブログ作成
検索選択

健康診断で胃カメラ [健康]

昨日は、となりの市に有る総合病院健康診断を受けてきました。
誰しも嫌な胃カメラになり、診察台に横たわりました。
横たわって間もなくおならが出そうになったが、それは我慢。
やがて検査が始まり、医師看護師、技士など4人に取り囲まれているので
「ぷ~」は恥ずかしくてできず、腹が張ってくるが
必死に漏れないように肛門を締めています。
やがて
「胃の中に空気を入れますので、口をしっかり閉め、空気を出さないでください」
と言われたが、口からは空気を漏らすな、肛門はおならを出すまいとギュウと閉じているし
胃カメラを呑んでいるのでゲェゲェと涎がでるし、まさに拷問です。
やがて終わったが、検査時間が長かったので看護師が車椅子に風太郎のせ、
別室へ連れて行き安静にしているよにと言われます。
カーテンだけで仕切られているので、大きな音を出して「ぷ~」をするわけにいかず
すかしながら少しづつ出しますが、出し切れません。
やがてすべての検査が終わり、更衣室に行き着替えながら辺りを見回して誰もいないのを
確認して、思いっきり大きな音ともに発散させました。
気持ちよかった!
すっきりして更衣室から出ようとすると、入り口の受付台に看護師がいて
「お疲れさまでした」と、ねぎらいの声を掛けられましたが、
完全に今の「音」は聞かれていると思うと恥ずかしくなりました。
nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

良き機会でも勇気がなければ [心の栄養]

2016.3.jpg
得手に帆を揚げる

風太郎のような不器用な人間でも、一つや二つ得意というか好きなことがある。
例えば、若い頃岸壁で夜釣りをしていると、懐中電灯の灯りで少し離れたところに
釣り師がいることが分かる。
お互いに顔は見えないが、勇気を出して声を掛けてみる。
「いやぁ~、さっぱり魚信(あたり)がないです。
あたりがなくても、空を見上げると手が届きそうな星空。
それだけも十分満足ですよ」
とはずんだ声が聞こえてくる。
やがて夜が明け、最後の勝負に出るがさっぱり釣果は上がらない。
明るくなるにしたがって、容子も分かり会話も弾む。
これ以上釣りをしていても仕方がないので、終いかけると
「どちらからいらしたんですか?」
新宿です」
「新宿なら通り道ですか乗せていきますよ」
と車で送った貰ったことがある。

なにも無理をして、不得手なことをものにしようとはしなくても、
それほど苦にならずにできることが身の回りにはある。
それを見つけ、少しの勇気でそれを掴んでいくことが大切だと思います。



nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花見の裏 [生きる]

桜が咲き始め、賑やかなお花見の映像が流れて来る季節になりました。
毎年定番で放送されるのは、上野公園のはなやかな宴会姿。
お花見をする予定の前の晩か朝早く席取りをすると、それを宴会の夕方まで
番をしてくれるのは新入社員か路上生活者です。
路上生活者は、持ち込まれた飲食料品は自由に飲み食いできる上に、日当ももらえます。
今が稼ぎ時です。
先日テレビで放映していましたが、空き缶拾い、それを売ってお金にします。
上手な人は拾ったそばから、足で綺麗につぶすか、万力のようなものでペッちゃんこ
にして売ります。風太郎の会社が湯島にあったときには稼ぐ人で
1日に2000~3000円になるときもあると言っていましたが、
先日テレビでは買値が下がり800~1000円位しかならず厳しい状況です。
それもできない体の弱い人は、ゴミ箱に顔を奥深く突っ込み食べられそうなものを探し
空腹を満たすまで、ゴミ箱からゴミ箱へと移動します。
空腹を満たすのに適した場所とそうではない場所が有ります。
繁華街やコンビニエンスストアの前に設置してあるゴミ箱には、
割合と食べ物が有りますので朝早く行動し、
寝坊したらお腹を満足させるのは難しくなります。

段ボールなどで寝床をこしらえるにも、いくばくかのお金を払い
スジを通さないといけないそうです。
勿論一等地は上下水道完備の公衆便所の傍。
その元締めをたどっていくと、怖いお兄さんたちとのこと。
その話が本当だとすると情けないです。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

self-knowledge [心の栄養]

自分自身を知ると、
ひざまずきたいような気持ちになります。
そしてそれは、
愛するために、まさに必要なことなのです。
神を知ることは、愛を与え、
自分を知ることは、謙虚さを与えます。
(女子パウロ会刊「マザー・テレサ日々のことば」より)

この文章を読み、自分自身を知るために自分自身の扉を開いてみた。
傲慢な扉がまず開き、そして虚栄心に固まった扉、貪欲な扉、不従順な扉、偽善的な扉、
嘘で固まった扉、非協力的な扉、短気な扉、思いやりに欠けた扉などなど。
この扉を一枚一枚はがしていくと自分自身が見えてくる。
自分自身が見えてきたら、恥ずかしくなってきた。
裸の王様ではないが、神をはじめ周りの人はそういう風太郎を知っている。
それなのにそれを寛容に受け止めていてくれる。
それを謙虚に受け止めなければいけない。

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

復活祭 [祈願]

神の愛が一人ひとりに注がれていることに心をとめ、
様々な問題を抱える世界の中で、
平和のパン種をはぐくむことができますように。
(聖書と典礼 2016.3.27より)

今日は復活祭です。
近所のスーパーマーケットでは、雛祭りの翌日からは「イースターセール」を行っています。
キリスト教徒は目に見えるものではなく、信仰に置ける復活祭を祝います。
信仰とは目に見えないものを信じること、キリストが復活なさったと言っても
それを見た人はいませんが、信仰の目で見れば見ることができます。
どんな高層なお坊さんでも「仏様」を見た方はいませんが、毎日のお経をあげるごとに
仏様を見ていると思います。信仰がなければ、お祈りもお経も虚しいものです。

聖書にはよく「パン」について出てきますが、パンにはイースト菌が欠かせません。
悪いイースト菌がパン粉全体に混ざると美味しいものにはならず、
逆に上等なイースト菌ですとふっくらとした美味しいパンになります。
ここに出てくる「平和のパン種」は
平和に満ちたパン種(よいイースト菌)を育てて、パン粉である私たちの世界を
平和にしましょう、ということだと思います。

復活祭、よみがえりのことですが、今までの不道徳で乱れた生活をしている箇所に
気付いたならば、それを脱ぎ捨てて新しい混じり気の無いイースト菌(純真無垢)
によって生まれ変わり、新生活を送ることができますように。


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌市街の残雪 [北国での生活]

3月22日に用事があり札幌へ行ってきました。
毎年今ごろ札幌市内へいきますが、まだまだ雪山が多くあり歩くのにも困難でしたが
今年は殆ど雪が無く歩きやすかったです。
テレビ塔前の大通公園の植物たちは、いまかいまかと出番を待っています
IMG_0035.jpg
時計台の建物の前も少し残っているだけ
IMG_0038.jpg

コアの後に雪が降り白化粧姿がテレビに映っていましたが、
春近しは間違いありません。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

他人を批評する [心の栄養]

他人を批評することはたやすいことですが、
自分の欠点を直すことはむずしいことです。
ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より

今日は他人の長所を見つけお手本にし、
自分の短所を直すようにしたいと思います。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

卵かけご飯 [食べること]

羽田空港で降りてお腹が空いたので食堂を探しいたら「たまごかけごはん」
の看板が目に入り手っ取り早く食べられると思い入った。
料理は毎日食べているが、卵をかけて食べるのは数年ない。
3人並んでいたが間もなく案内された。
IMG_0006.jpg
卵二つ、ご飯のお代わりは2杯目まで550円を注文
IMG_0008.jpg
目の前の籠に卵が盛ってある
IMG_0010.jpg
ご飯が出てきた、中丼に半分ほどのご飯
IMG_0015.jpg
2杯目をお代わり、1敗目よりもやや少なめの盛り
IMG_0016.jpg
食べ終わりました
IMG_0017.jpg
全体のご飯の量は風太郎が家で食べている椀の1.5位の量。
2杯目までという制限だが何となく腑に落ちない量だ。

量はどうでもいいのだが、なかなかいい商いだと感じた。
殆ど料理はしないので、人手もいらないし、客の回転も速い。
狭い場所に席数は20弱ある(チョット太っている人はきついかも)。
客は常時ほぼ9割は入っていた(食べ終わって10分位観察)。
そのうえ牛丼屋の値段からしても安くは無い。
都会ならではの食堂で、わが市では成り立たないだろう。

風太郎は、仕事がないと嘆いてばかりいないで
頭を働かせば「飯の種」が見つかるかもしれないと思うと、
気持ちが明るくなった。


nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弱者を苦しめ虐げてはならない [祈願]

主はこう言われる。
正義と恵みの業を行い、搾取されている者を虐げる者の手から救え。
寄留の外国人、孤児、寡婦を苦しめ、虐げてはならない。
またこの地で、無実の人の血を流してはならない。
(旧約聖書エレミヤ書 22章3節)

イエメンで下記の事件がありました。
http://www.afpbb.com/articles/-/3079420

過激派武力集団によってマザーテレサが創立した修道会のシスター4人を含む16人が
殺害され、インド人のサレジオ会員の司祭が誘惑され、いまだ行方不明です。
シスター(修道女)や司祭(神父)たちは、最も小さい(弱者)のために
国境や人種を超えて奉仕活動をしています。
その人たちの武器は信仰による「究極の愛」と「真の勇気」だけです。
親、兄弟、故郷、国をあとにして無報酬で弱者のために働いている人たちに
独善的な考えや思いをもとに毒牙をむき出しにして殺戮を繰り返している。
弱者で無抵抗な人達を、武器であるいは自爆などで殺戮する事件が
一刻も早くなくなりますように。




nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蔵内極秘稟議書と豊浦の牡蠣 [食べること]

今日は暖かな日が続き道路の雪も解けたので、日帰り温泉「豊浦温泉しおさい」に
行ってきました。
http://shiosai-spa.com/
我が家から約60km弱あるので、途中の路面状況も心配しましたが
雨も途中で止みそこそこの快適なドライブでした。
帰りに「道の駅とようら」に寄りましたら、
美味しそうなホタテ貝(2年物18枚1000円)と殻付き牡蠣(大8個1000円)が
目に入り、両方欲しいと一瞬思ったが(お前は年金生活者)だという声が聞こえ
結局牡蠣にしました。
http://toyoura-michinoeki.com/
早速牡蠣を蒸して、妹から贈ってもらった芋焼酎「蔵内極秘稟議書」といただきました。
IMG_0027.jpghttp://www.liquorsmasami.jp/?pid=82016138
牡蛎は大きく身もたっぷり、外輪23cm、内輪18cmのお皿も小さく見えます。
IMG_0007.jpg
ボールが小さい
IMG_0005.jpg
フライパンで蒸したが4つでも窮屈
IMG_0006.jpg
至福のひと時でした。



nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

怒りの衝動 [心の栄養]

怒りのわずかな衝動も、
起こるがままに発散させていると、
そのうちに怒りっぽい性格となり、
耐え忍び難い人間になります。
ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

車に乗りハンドルを握ると人格が変わる人がいます。
はたから見ていても格好いいものではありません。
風太郎もその一人です。
変わるというのは、
変えなくてもいいのに自分に甘えて変えてしまうことかもしれません。
内面的な抑制は、自分しかできません。
今日は短気を起こさず怒らない、という
心のブレーキを自分に踏み続け過ごしたいと思います。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福祉活動に従事している人に [祈願]

主よ、
福祉活動に身をささげる人の労苦を心に留めてください。
恵まれない人々と苦しみを共にするかれらが、
あなたに力ずけられ、
希望もって働くことができますように。
教会の祈りより

為政者が福祉活動に尽くしている人に深い理解を示し
励ましと励ましの力を与えてくださいますように。
そして恵まれな人々が歓びのうちに生活ができますように。
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ママありがとう! [心の栄養]

今日は、1865年3月18日に長崎浦上の隠れキリシタンが発見された日。
日本のカトリック教会はそれを今日お祝いします。
ほかの国のカトリック教会は明日お祝いします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%B5%A6%E4%B8%8A%E6%95%99%E4%BC%9A

フランス人のベルナール・プティジャン神父が本国の神父にあてた手紙には
浦上天主堂(教会)におそるおそる訪れた十数名のカトリック信徒は
<すぐ にその同じ人がわたしに、「サンタ・マリ アご像はどこ」と尋ねました。>
とあります。

昨日の下校時の子供見回り隊の時、涙を流している低学年の子がいました。
風が強かったので
「目にゴミが入ったの?」と聞くと
「違うの。今日ね、『ママいつもありがとう』と(作文を)読んだら
教室にいたママが涙を流したの。それを思い出したら、涙が出てきちゃったの」

浦上の隠れキリシタンは「心の母」であるマリアを200年間探し求めていて
そのマリア像を見た時には「ほんとうにサンタ・マリア様だ」だとあります。

今日から彼岸入り、
すでに目には見えない(風太郎もそうです)心の母になってしまった
母親との思い出を大切にして、感謝の祈りをしたいとおもいます。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

戒名料 [いろいろな思い]

今朝のNHK「あさイチ」ではお葬式について放送していました。
亡くなってから葬儀まで、長くても1週間。
その間に遺族は精神的に落ち込んでいるに、色々なことを
分刻みで決済しなければなりません。
何事にも相当のお金ががかかりますが、冷静に物事を判断している余裕はありません。

20年前に同業者の父親が亡くなりました。
東京神田で工場を営み2代目が後を継ぎ、
先代の従業員と3人で細々と仕事をしています。
土地は50坪ほどありますので、売れば〇億円というお金になります。
それは仮定の話で、現実にはそんなお金はありません。
お寺に葬儀をお願いにい来ましたら
「▢▢家は代々<院>の戒名をつけているので、父親にも同じようにした方がいい。
それでないと、お父さんがあの世で可哀想だ」
と坊さんにいわれ、値段を聞いたら
「一文字50万円ですから3文字で150万円です」と言われ、そんなお金はない、
というと、戒名がないとお経はあげられないと言われ
仕方なく身内から戒名代を借金して葬儀を無事に済ませました。

ごく一部でしょうが、
お寺、そして葬儀社も
死者を商品とみなしハイエナのようにたかっている気がします。
人間の尊厳、どこにいったのでしょう。



nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心の断食 [心の栄養]

目や耳を制し、
おしゃべりをコントロールしていくことは
いろいろな苦行するよりも、
ずっと値打ちがあると信じなさい。
ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より

耳をダンボにして周囲の噂話で心を満腹にし、
満腹にしたものを周りに吹聴して回る。
それによって一時的に自己満足におちいる。
しかし、それは真に心を満たすことはない。

目、耳、口を抑制し心を静寂にして、
まわりの言動に流されないようにする。
今日の一日を風太郎はそのようにして過ごしたい。

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

つららの滴 [俳句ではなく廃句]

手拍子で 余生楽しむ つららたち
俳句ではなく廃句です。

屋根を見上げると大小、太いのやら細いつららの滴がリズムカルに落ちている。
滴が落ちるたびに、つららは細く短くなりやがては消えさる。
しかし、地を打つ音はまるで手拍子を打ち余生を楽しんでいるようだ。

折角の人生、悲しみ、苦しみも楽しんで生きていきましょう。

my“business card” [心の栄養]

毎日、ほんとうに大勢の方々が、
コルカタのマザーハウスを訪れます。
わたしがこの方々にお会いするとき、
いつもわたしの名刺(ビジネス・カード)をさしあげます。
そのカードには、こうあります。
沈黙の実は祈り、
祈りの実は信仰、
信仰の実は愛、
愛の実は奉仕、
奉仕の実は平和。
これは、ほんとうによいビジネスだと思いませんか?
人々はカードの意味を考えるようです。
ときどき、意味を教えてくださいと言われます。
でも、わかるでしよ。
すべては祈りから始まるのです。
その祈りは、わたしたちの心の静けさの中に生まれるのです。
お互いに、祈る必要を感じて、
どのように祈りを見いだしたかという経験と、
その祈りの実は、
あなたの人生にとって何だったのかということを、
分かち合うことができます。
(女子パウロ会刊「マザー・テレサ日々のことば」より)

祈りとは「神仏とのお話し」、
だから身体も心も騒々しい時には落ち着いてお話ができません。
これは人間同士の話し合いも同じことです。
信仰があるから祈ります。
祈る結果紛争は良くないということが分かります。
なぜなら神仏は紛争を忌み嫌うからです。
紛争の反対は、人に奉仕すること、
お互いに奉仕しあえば世の中は平和になる、
これこそ「お努め」の最高の報酬だと風太郎は思います。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.11眼は不自由でも心は豊か [ボランティア・東日本大震災]

宮古の東日本大震災仮設住宅の集会場に、盲学校の生徒さんが訪れ
演奏会をした様子が、生徒さんの感想文とともに掲示されていました。
肉体的な眼は不自由でも、心の目は健常者以上に豊かに見ることができ
被災者とは気持ちが通じあったひと時を過ごせた様子が
手に取るようにわかります。
被災者に「がんばって!」と声を掛けるのはむごいと思います。
不自由な生活にもめげず誰よりも頑張って生きているんです。
我々が頑張って被災者に寄りって行かなければいけない、と
風太郎は考えます。
MG_6724.jpg

IMG_6723.jpg

IMG_6724.jpg

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家庭内の愛と理解 [祈願]

すべての家庭を祝福してください。
親子、兄弟が愛と理解によって
互いに結ばれ一つになりますように。
「毎日の教会の祈り」より

小さな共同体である家庭生活を円満に送ることができ
それが世界平和につながりますように。
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祈願 [祈願]

人間生活を不幸に導く
無秩序や自然破壊の悪に人々の目を開かせてください。
すべての人のために造られた世界を正しく保存し、
発展させることができますように。
教会の祈りより

自然災害を防ぐという口実で、自然を壊れされることがります。
たった一つの地球を全世界の人が武器、兵器、武力などによって
壊すことがありませんように。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハクチョウたち [動物]

白鳥も春には遠いところへ飛んで行ってしまい寂しくなります。
残り少ない日々、白鳥たちと雪景色を楽しみます。
川からあがり家族そろって土手で散歩
IMG_0004.jpg
子供が羽を広げると「黒鳥?」
IMG_0007.jpg
われ関せずとマイペース
IMG_0011.jpg
何やら家族会議
IMG_0012.jpg
話しがまとまったようで飛び立つ様子
IMG_0016.jpg
先遣隊
IMG_0018.jpg
続いて
IMG_0019.jpg
降り立った先は仲間がいるところでした
IMG_0032.jpg
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Love & hearts [心の栄養]

お金をあげるだけで、満足するのはやめましょう。
お金だけでは十分ではないのです。
お金なら、手に入れることもできます。
わたしは多くの人たちに、もっとその手を使って奉仕をし
心で愛してほしいのです。
どんな国にも、街にも、家庭にも、あなたの奉仕や愛を必要としている、
貧しい人がいることに気づいてください。
そういう人々のもとへ行き、もっとも求められているところで、
愛と思いやりの心で、与えましょう。
皆と、愛することの喜びを分かち合いましょう。
(女子パウロ会刊「マザー・テレサ日々のことば」より)

今日は3.11、東日本大震災から5年目を迎えます。
大震災直後の「絆」「愛の義援金」「募金」「愛」「心」という言葉は
風化してしまったのか、前よりも声が小さくなってしまいました。
先月、教会の信者さんの協力でささやかなながら某慈善団体に
「東日本大震災」のためにと摘要欄に記入し振込をしました。
「東日本大震災の振込無料期間は過ぎてますので、
振込料がかかりますがよろしいでしょうか?」と窓口で言われ
手数料を払う予定でしたので払いました。しかし窓口の人が親切心で手数料の事を
教えてくれた言葉が割り切れず心に刺さりました。
善意で義援金を贈る人の手数料を商いにしているところがある。

お金がすべてではないが、今できることをする。
殺風景な仮設長屋住宅「家の前に花を植えたりしてはいけないんです」と被災者は
家の周りに花がなく殺風景な理由を教えてくれました。
まだ花が咲くのには早いので、現状は分かりませんが
まだそのような決まりごとがあるならば、
それを撤廃するだけでも気持ちは明るくなるのではないでしょうか。
鉢に水をあげたりすることにより、隣近所と顔を合わせる機会も多くなり
孤独感も薄れ、連帯感が生まれ生きていく勇気も湧いてくると来ると思います。

「行政は何もしてくれない」という言葉が早く「死後」になることを願います。





nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

当てにならないピンポイント天気予報 [北国での生活]

3月3日のピンポイント天気予報には大いに裏切られました。
我が家周辺のピンポンイント予報では終日曇り。
しかし朝7時前から雪が降り始めた。こんなことはよくあることで、晴れの天気から
曇り始めたなと思った瞬間に猛吹雪になることもある。
無題.png
車上は白化粧
IMG_0094.jpg
10時過ぎになっても雪は止まない。
ピンポンイントの天気予報は午前中は雪に変わった
無題2.png
車上の雪も積もってくる
IMG_0096.jpg
午後2時前のピンポンイント天気予報
無題3.png
車は雪に沈んでいく
IMG_0098.jpg
そしてこの天気予報、こんな予報なら風太郎にもできそうだ
無題4.png
3時前にやっと雪が止んだ、積雪測ると14cm
IMG_0101.jpg
雪が止むと気温も上がり、雪除けは重くなり重労働。
氷を持ち上げている感じです。
IMG_0103.jpg
10cm以上降れば除雪車が入ると聞いていたので、道路は簡単に済ませた。が
除雪車は来なかった。たぶん天気予報をみて出動要請はなかったのかもしれない。
IMG_0102.jpg
当てになる天気予報が欲しいよ。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心に愛がなければ [心の栄養]

苦しいと感じている時は、
まだまだ苦しみ足りないのかも知れない
無我夢中で生きている時、
いつしか、苦しみは自分の背後に移っていつていて、
朝が、春が見えて来ている。
PHP文庫 渡辺和子著「愛と励ましの言葉365日」より

恋人夫婦でも相手以外の人が美しく見え、心が奪われることがある。
それはある意味で無我夢中になっていない証拠かもしれない。

山登りをしていて、周りを景色を観ながら登ると最初のうちは目が奪われ
足取り軽く登ることができる。しかし歩くリズムが乱れるので疲れてくる。
それとは反対に黙々と地面を見つめ登っていき、やがて頂上に達した時の
喜びと景色の美しさには感動を覚える。
その感動は、登ってきた苦難の道に比較にならない。
山を愛すればこそ、黙々と上ることができる。

残りの人生、労わりあいながら無我夢中で生きていこう!。



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自信 [心の栄養]

転ぶとか衝突すると思っていると、
ほんとうに転んだり衝突してしまうものです。
(アルベリオーネ神父)

まだ起きていないことを心配するよりは、
いまこの時、この業を自信をもってやり遂げなさい、と
解釈し前向きに今日を過ごしたいと思います。


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神の名を悪用してはならない [心の栄養]

わたしの名を用いて偽り誓ってはならない。
それによってあなたの神の名を汚してはならない。
わたしは主である。
(レビ記19章12節)

神仏の名を悪用し、魔除けと称して物品を売ったり
代価を得るために祈祷してはいけません。
政教一致の新興宗教は、病人などの弱者の所に行きその宗教を信じれば病は治る、
といい新聞雑誌を定期購読や集会場に来るように勧めます。
キリスト教と称して戸別訪問をし、パンフレットを置いたり、
信じないと不幸が訪れるなどと宗教に誘い、その後に法外な祈祷料を要求する新興宗教。
これらは神仏にたいして冒涜だと思います。
イエスも仏さまも無料で教えを説いています。
自分の心の中が神殿です。
そのために心の中を汚さないように過ごすようにしたいと思います。
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

犬の尿で電柱が倒れ女の子が怪我 [事件・事故・災難]

先日、犬の尿で電柱が腐食し、倒れた電柱で女の子が負傷したことが報じられた。
http://www.asahi.com/articles/ASJ3463N8J34PPTB009.html

風太郎は犬を飼っていないので、犬の習性は良く分からないが
雪道に犬の大小便ををよく見かける。
あまり気持ちのいいものではない。
この前、ご婦人が中型犬と散歩していたが、我が家の家の並びの庭に入ると犬は
目を大きく開け白目で「大」を息張っている。僕がその姿を見ると
「この子(犬)はどこでも(大小便)してしまううんですよ」と弁解していた。
飼い主の犬の躾の問題なのだ。

東京の友達は、犬を散歩に連れ出す前には自宅で大小便をさせる。
近所の人の目もあるので、「大」用のシャベルと袋は持ち歩いている。
垂れ流しをしていると思われるのが嫌だからだ。

来馬川に白鳥を見に行くが、真っ白な雪にまばらな黄色い色は合わない。
橋の欄干がさびているのは、犬の尿ではないと思うが……。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

他人を干渉するな [心の栄養]

他人の生活を探ることは
神から任されたあなたのあなたの務めではありません。
ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より

芸能人などの有名人を執拗に追い回し、面白半分に記事にしたり
報道したりしているのを見かけます。
また、隣近所の家庭生活をつぶさに調べ、
それを街宣車のようにお喋りして回る人がいます。
他人を思いやることは大切だと思いますが、たとえ親切だと思っても
他人の家に土足で入り込むような行為は良くないと思います。
人に接する時には「思いやり」「慈しみ」が大切である、と
風太郎は解釈しました。



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信じる「愛」を持っていますか [心の栄養]

人格的な言葉とは、
本能的、衝動的に口をついて出る言葉でもなければ
動物のような叫び声を多く含む言葉でもない。
考えた後のものであり、
自分の言葉が招来するであろう結果を予測した上のものでなければならない。
PHP文庫 渡辺和子著「愛と励ましの言葉365日」より

ブログはいつでも修正、削除ができるが、
人が発した言葉は目に見えないし修正が効かない。
為政者が人を侮辱したり、国民を欺く発言をした後に報道関係者などから指摘されると
「発言を取り消します」と不本意な顔をして言う。
その中には「優しさ」「愛」「労り」は微塵も感じなられい。
動物だって叫び声をあげる時には、仲間を助けたり敵を威嚇し追い払う意味があり
無駄には発しない。
風太郎は言葉を発する前に、良く相手のことを考えないことが多いので
反省させられる。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3月1日の荒天候 [悪夢の大停電]

朝4時に起きて外を見た。
昨日から天気予報では数年に一度の暴風雪で十分に注意を促しているので
気になっていたのだ。黒いアスファルトが見えていたので、PCのピンポイント天気予報
では終日曇り空という予報が当たり、胸をなでおろした。
しかし、夜が明けるに従いすごいことになってきた。
雪が降るというよりは、横に吹っ飛んでいく感じなのだ。
1日と15日は朝7時から子供見回り隊だが、昨日に続き臨時休校の連絡、
そして各地に停電、列車も運休しているところもあるという。

6時過ぎの玄関
IMG_0075.jpg
吹雪で雪が舞い降り、
障害物の無い路面には雪が無いが小屋は車の周りには積もっている
IMG_0077.jpg
裏の家の壁にもべったり
IMG_0082.jpg
玄関の扉
IMG_0083.jpg
玄関横のインタフォンにもべったり
IMG_0086.jpg
11時半に雪が止み気温は0度
風が止み陽が照り始めたので寒くはない
IMG_0092.jpg

IMG_0089.jpg
玄関前は約20cmの降雪
IMG_0090.jpg

IMG_0091.jpg
除雪車が来たのは3時過ぎで、家の前の雪は殆ど解けていました
IMG_0093.jpg

吹雪の状態をみて頭を横切ったのは
http://hutarou.blog.so-net.ne.jp/2012-12-27-1
数年に一度の暴風雪は4年に一度なの?



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る