So-net無料ブログ作成

愛とは? [心の栄養]

たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、
たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、
愛がなければ、無に等しい。
全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、
誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、
愛がなければ、わたしに何の益もない。
愛は忍耐強い。
愛は情け深い。ねたまない。
愛は自慢せず、高ぶらない。
礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。
不義を喜ばず、真実を喜ぶ。
すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。
愛は決して滅びない。
(コリントへの手紙一13勝2節~8節)

今日のミサの中で朗読される聖書の一部です。
自分の命を人のために差し出しても、そこに純真な愛がなければ何の益もない。
どんなに説得力のある説教や教えを説いても、愛がなければ馬耳東風で
何の感動もないし、心に響くものがない、ということだと思います。
風太郎は「ありがとう」という短い言葉の中に、その人の感謝の気持ちが感じられると
とても心が温かくなります。

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪道の歩き方 [北国での生活]

北国に越してきたのは雪が降る直前でした。
それか間もなくして雪が降り、それが寝雪となり雪に虐められます。
虐めの中でも転ぶのは怖いです。
最初の冬は6回転びましたが、3年目からは転んでいません。
自分なりに滑って転ばない歩き方
・へその上からの上半身を、落としたお金を拾う角度でゆっくり歩く。
 前かがみでせいぜい2~3m先しか見ない。
・行違う人に挨拶をされたら、歩きながら挨拶をせず立ち止まって挨拶をする。
 歩きながら相手の顔をみて挨拶をすると、足元が不安定になり危ない。
・少しでも路面が乾いている箇所を歩く。
・路面が光っていたら、凍っている可能性があるので除けて歩く。
・遠回りでも踏み固められていない所を探す。
 踏み固められているところは凸凹していてすべりやすい。
・壁や柵等つかまるところがあれば、手を添える。
・手袋は必ずはめる。
・荷物はリュックサックを背負い、両手に何も持たない。

簡単に言うとリュックサックを背負い、手袋をしてヨチヨチ歩きです。



nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

隠しきれるものではない [心の栄養]

隠れているもので
あらわにならないものはなく
秘められたもので、
公にならないものはない。
(新約聖書 マルコ4勝2節)

今日のミサで朗読される聖書の1節です。
権力の強い人や地位の高い人、裕福な人ほど自分の嘘などを
隠そうとしたり、自分の過ちを他人のせいにしたりしがちです。
嘘や隠し事がばれると自尊心が許さないからでしょうか。
どうせばれることですから、
風太郎の経験上から早く自分から白状してしまった方が気が楽だと思います。
一生嘘を隠せるものではありません。
嘘がばれていないと思っているのは本人だけです。



nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うぬぼれは不名誉 [心の栄養]

美貌も自慢するようになれば
もはや値打ちは下がっています。
知識も、高ぶり、
うぬぼれに走るならば不名誉となります。
ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より

本当の自分自身を知るならば、美貌も、知識も自慢することは無くなり
いままで自慢していたことが恥かしくなります。
風太郎は三枚目の男なので容姿は自慢できませんが
知識などで自慢をしたことがあります。
振り返ってみれ、顔が赤くなり「穴」あれば入りたいです。



nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪の寿命 [俳句ではなく廃句]

粉雪が まだと踏ん張り 舞い上がる

またまた日本列島寒波が押し寄せてきました。
沖縄でもみぞれが降り、奄美大島でも145年ぶりに雪を観測したそうです。
雪がふわりふわりと落ちてきて、地面に着いてしまうとそれまで。
なかには地面に触れそうで触れず、また高く舞い上がり
風任せで飛んでいき寿命を延ばします。
人生も同じで、最後まで望みを失ってはいけないと思いました。

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笑いは活力のもと [心の栄養]

笑いは活力のもと
私はいつもありのままの自分自身として存在していたいのだ。
笑う時は腹の底から「わ―ツハツハツハア」と哄笑したい。
そうでないと身体に活力が湧かない。
私は笑いは活力のもと、と確信しているのである。
海竜社刊 佐藤愛子著「ああ面白かったと言って死にたい」より

いま、大きな口を開けて笑ってみました。
笑う前と気分がまるっきり違います。

nice!(22)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体は多くの部分から成り立っている [心の栄養]

体は、一つの部分ではなく、多くの部分から成っています。
《足が、「わたしは手ではないから、体の一部ではない」と言ったところで、
体の一部でなくなるでしょうか。
が、「わたしは目ではないから、体の一部ではない」と言ったところで、
体の一部でなくなるでしょうか。
もし体全体が目だったら、どこで聞きますか。
もし全体が耳だったら、どこでにおいをかぎますか。
そこで神は、御自分の望みのままに、体に一つ一つの部分を置かれたのです。
すべてが一つの部分になってしまったら、どこに体というものがあるでしょう。
だから、多くの部分があっても、一つの体なのです。
目が手に向かって「お前は要らない」とは言えず、
また、頭が足に向かって「お前たちは要らない」とも言えません。
それどころか、体の中でほかよりも弱く見える部分が、かえって必要なのです。
わたしたちは、体の中でほかよりも恰好が悪いと思われる部分を覆って、
もっと恰好よくしようとし、見苦しい部分をもっと見栄えよくしようとします。
見栄えのよい部分には、そうする必要はありません。
神は、見劣りのする部分をいっそう引き立たせて、体を組み立てられました。
それで、体に分裂が起こらず、各部分が互いに配慮し合っています。
一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみ、
一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです。》
(新約聖書一コリント12章14節-26節)

今日のミサの中で朗読される聖書の一部です。
指に小さなとげが刺さっても、とげが抜けて治るまでは痛みが身体を支配します。
地球上の人たちが全員で大きな共同体(体)をつくっています。
世界のどこかで不幸なことが起こると、心の中は穏やかではありません。
すべての人がお互いに必要とされています。
お互いに認め合い、支えあい、助け合い、愛しあいながら生きていきたいものです。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信じる「愛」を持っていますか [心の栄養]

よろこびは、
単に与えられて私たちの人生に存在しはじめるものではない。
すでに存在する素材をみつめ直すことによって、
または違った角度と視野から見ることによって創り出されるものでもある。
PHP文庫 渡辺和子著「愛と励ましの言葉365日」より

喜びは自分で見つけ出すものである。
宝物を見つけ出すのと同じかもしれない。
既に身の回りに喜びという宝物があるが気がつかないだけだ。
自分の子どもが、思わぬ行動にでて親を喜ばせる。
永年連れ添った人生の伴侶を、
あらためて見つめ直すと今まで気づかなかった美点が沢山あり、
ひとりニヤリと微笑んでしまうなど、
人生を明るくする宝物は身近にあるものだ、と風太郎は思う。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やれることはやっておこう [心の栄養]

人生はあまりにも短い。
死に襲われる前に、
小さなことでもやれることは
すぐにやっておこう。
ドン・ボスコ社刊「ドン・ボスコのことば100」より

死に襲われなかった今日を振り返っても
やれることをやらない後悔が残る。
小さなことだからいつでもできると思ってしまうのが間違い。
大きなことをこなすのには時間がかかる。
まずは目の前に小さなことを、しっかりとやることが重要である
と風太郎は猛省しています。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祈願 [祈願]

永遠の父(神)よ
人のいのちがいかに短く、
その一生がどのような危険に満ちているかをあなたはご存知です。
あなたの霊でわたしたちを強め永遠のいのちに導いてください。
「教会の祈り」より

神よ、あなたの正義と真から離れることが
何よりも危険(罪)だということを悟らせてください。
あらゆる危険から守り、短い命を全うできますように。


nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暴れ雪 [俳句ではなく廃句]

帳尻を 合わさんとして 暴れ雪

今冬1月11日までは積雪量が約16cm〈目測)と雪も少なく「ありがたい」
と心の中で喜んでいました。
所が喜ばせてはなるまいと、16日から18日を除いて昨日までに44cm(目測)
積もりました。
それも、日本列島を巻き込みあちこちで雪害をまき散らし、大暴れ。
除雪車も16日に続き、昨日も夜遅くまでてんやわんや。
IMG_0016.jpg

昨冬の今ごろまでに降った雪は約60cmなので、一気に挽回です。
そろそろ手加減してほしい。



nice!(19)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

首都圏の大雪 [今日の天気]

首都圏と北陸地方の大雪が大きく報道されています。
北国ではそれほどでもない5cmの積雪でも、降雪の備えがない都心では大ごとです。
雪が降った日、普通のタイヤで首都高速道路を走ったことがありますが
50km位の速度でブレーキを踏みましたら約半回転、ドキッとした経験があります。
幸いに後続車がなかったので助かりました。
履物も滑り止め用のは少なく、間違って雨靴でも履いたら滑って危ないです。
映像では革靴で歩いている人が殆どでしたが、雨靴で滑って転んだ経験から
雪道は、靴底がゴムの雨靴よりも革靴のほうが無難かも。

北海道も大荒れになるというので、家に閉じこもっています。
曇り空で風が少し吹いていますが、雪は降っていません。
でも、これからが怖いです。


nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年賀状

小正月には年賀状も書き終えました。
午後2時半ころ年賀状当選番号が発表になります。
最近は当たりませんの期待はしていませんが、
当たればいいなぁとは密かに思っています。
20年前には薩摩揚のセットが当たり、阪神大震災に送ろうとしたら
食べ物はだめ、と断られました。
さて、風太郎の年賀状
2016.jpg

約30年前から年賀状は3が日以降に作成しています。
というのは、年末に投函する賀詞のあいさつ文に違和感を感じたからです。
でも、元日に年賀状が届くのは嬉しいもの、本音と建て前が違う風太郎です。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

良い人 [心の栄養]

良い人とは、
過ちをまったく犯さない人
ということではありません
自分の欠点を矯正したいと
望む人のことです。
ドン・ボスコ社刊「ドン・ボスコのことば100」より

良い人ってどんな人?
歩いていてぶつかったときに、すぐに「ごめんなさい」と
間一髪おかず謝る人。
自分がぶつかったのではなく、相手がぶつかってきたなどとは考えない。
悪い人ってどんな人?
歩いてぶつかったときに、すぐに「おんどりゃ、どこに目をつけてんのじゃ」
と睨みをきかせる人。
今日は「良い人」とおもわれるような態度が、ごく自然に出るように過ごします。
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

医療にたずさわる人 [祈願]

(神よ)
医療にたずさわる人のために祈ります。
あなたのいやしの力を
病む人々の心とからだに
もたらすことができますように。
「教会の祈り」より

医療にたずさわる人の一言が、
患者をどれほど元気にしてくれることでしょう。
今日も病に苦しんでいる人に
励まし勇気を与える力をお与えください。
nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まさかの大雪 [なんでも一番]

大雪はどのくらい降れば大雪というのかわかりませんが、風太郎から見れば
今朝起きて外を見た時は「大雪が降った!」と思いました。
昨日までは、雪が少なく近場のスキー場が営業できないと近所の人と話していたので
驚くばかりです。
多分今日の雪で、スキー場は営業できるかもしれないと思うと、嬉しいような
厄介な雪のような複雑な気持ちが頭の中をくちゃくちゃに。
8時半に外に出て気温計を見るとマイナス3度、晴れ風はない。
IMG_0004.jpg
降雪を測ると約10cm、今冬最高の降りです。
IMG_0001.jpg
愛車もすっぽりと白い覆いを被されジーと雪に耐えてのがいじらしい。
IMG_0002.jpg

10cm降ると除雪に約1時間、15cm2時間かかります。
自分の敷地内ならば20分もあれば十分だが、両隣の約長さが30m、幅5mの道路の
除雪に時間がかかる。
難しいのは雪を捨てる場所、誰にも迷惑にかけない場所に捨てなければいけない。
最悪の場合は拙宅の裏庭に捨てるが、それは最終手段でなるべく空き地や畑に捨てる。
周りの人からは、自分の家の前だけをやればいいとか、風太郎が除雪にするから
除雪車が入らない、除雪すると滑って危ないとか言われる。
去年は悩んだこともあったが、今年は気にせずに雪除けをしようと決めた。

雪除けが終わり、コーヒを呑んでゆったりと入浴。
そして昼食の支度を始めると突然「グラグラ」。
愛車は電線も揺れています。
テレビを点けると震度5の地震です。
雪でビックリ、地震でビックリの一日でした。

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

微笑み返し [一日微善]

夕飯の食材を買いにスーパーマーケットに買い物に行きました。
タイムセールで半額の食品が多くあったので、つい買い物のも多くなったしまった。
時間的に買いに来る客も多く、レジに行列ができる。
風太郎の後ろの人は、独身なのかすぐに食べられる惣菜を手にもっていたので
風太郎は「買い物が多いので、良ければお先に会計してください」というと
「よろしいんですか」と僕の前にきて会計を済ませにこりとして
「有難うございます」と言ったので、僕も「いいえ」と笑顔でこたえた。
お金をかけずこんな微善でお互いに笑顔になれる、
微笑みは身の回りに転がっているのかもしれません。
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

町内会新年会

町内会新年会が、10日に町内のホテルで開催されました。
IMG_0015.jpg
まずは食べて飲む
IMG_0020.jpg

IMG_0022.jpg

そして抽選会、当たる確率は50パーセントと司会者の説明。
参加した半分の人は喜び、半分は外れて落胆する。
それがなんと我ら夫婦とも抽選で当たりました。
手前が妻、奥が風太郎の商品です。
IMG_0065.jpg

まさか夫婦で当たるとは、幸運でした。


nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

使命を喜びをもって果たす [祈願]

(神よ)
あなたの霊に強めらえて、
わたしたちが、
それぞれの使命を喜びをもって果たすことができますように。
「教会の祈り」より

今日多くの若者が成人式を迎えます。
隣人愛に満ちた真の社会的貢献を果たすことができるよう
お導きください。
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なに思う [俳句でなく廃句]

門松が 家族を映し 無事祈る

北海道は寒いので、冬は路上生活者はいないと思っていました。
越して来る前までは、夏でも路上生活者はみませんでした、というより
単に気がつかなかったのかもしれません。
二年前の雪まつりのときには、テレビ塔の近くの百貨店の傍で数人の路上生活者が
長椅子にジ~ト座り込んでいました。
今年の帰宅途中、札幌駅前通地下広場には、
大きな上着で身を隠しテーブルに伏せている人、
駅構内のゴミ箱から、汚れの少ない週刊誌や雑誌などを拾い集めている
女性の路上生活者を見かけました。
古本屋さんに売ればいくばくかのお金になります。
誰も好き好んでこういう生活をしている人はいません。

街角で見かける門松の飾りを見敘ろぎもせずに眺めるいる路上生活者は
故郷にいる父母や家族をおもい、心の中は涙の洪水になっているのでは、と
想像し廃句にしました。。




nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祈願 [祈願]

(神よ)
身寄りのない人、
孤独な人を助ける力をお与えください。
あなたのうちに生きる喜びを
ともにすることができますように。
「教会の祈り」より

すべての人と手を携えていくことが出来ますように。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不平不満 [心の栄養]

不平不満は人の心を冷淡にします。
ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

不平不満を言っている人は満足を知らない人です。
満足すれば気持ちも温かくなり、気分爽快で
笑みが浮かび、周りの人たちに話しかけたくなります。
同じものでも、不平不満か、満足して感謝の気持ちでいただくかは
自分次第だと思います。
自分の心を冷たくせずに温かくしたいものです。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北海道神宮初詣

正月3日は北海道神宮へ行きました。
地下鉄「円山公園」を降り外へ出ると真っ赤な神社がありました。
参拝客は一人もいません。
IMG_0096.jpg
この赤い神社から10分ほど歩くと鳥居が見えてきます。
みぞれが降り鳥居が暗い、やはり雪の方が気分的にいい。
IMG_0095.jpg
参拝客は思ったよりも少ない
IMG_0089.jpg
IMG_0086.jpg
IMG_0067.jpg
IMG_0081.jpg
賽銭は白いビニールのシーツの上に投げらるが、水たまりに沈んでいる賽銭もある。
IMG_0079.jpg
IMG_0080.jpg
願いを込めての絵馬と、おみくじ
IMG_0078.jpg
IMG_0075.jpg

皆さまの願いが叶いますように。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年賀状 [今日の天気]

松の内に年賀状を書き終えようと昨日から頑張っている。
宛名を見ながら懐かしき顔を思い出し、印刷した定文にそれぞれ一筆書き添える。
一緒にわっらた人、泣いた人、酸っぱい恋の味がした人、いじめらいじめた人の
顔は浮かんでは消えていく。
殆どの人には、雪が全くなくこういうのは越してきて初めてだ、と書いたところで
ひらりひらりと雪が舞い落ちてきた。が間もなく止んでしまった。
インターネットでみるこの時間帯のピンポンイント天気予報では晴れ、と曇り。
この分だともう降るまいと年賀状を殆ど書き終え、改めて外を見るとありゃぁ真っ白。
郵便ポストに投函しようと外に出たら約3cmの積雪です。
年賀状に書いたのが嘘になってしまいごめんなさい。
雪があります。


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

すべての人の自由と平和 [祈願]

世界の国々が、
あなたからいただいた富を公平に分かち合い、
開発途上にある国には必要な助けを惜しまず、
すべての人が自由と平和のうちに生きることが出来ますように。
「教会の祈り」より

まずは自国に与えられた富に感謝すること、
そして物資を必要としている人々に分かち合おう
心をお与えください。
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仕事始め [なんでも一番]

今日から仕事始め
休んでいた起重機も腕を伸ばして仕事開始
IMG_0111.jpg
IMG_0212.jpg
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界平和のための働き [祈願]

多くの人に苦しみをもたらす対立や争いの根を取り除いてください。
世界の平和のための働きが、
あなたの恵みの光りで強められますように。
聖書と典礼2016.1.3より

地球家族の最小単位である各家族が
神様のお恵みで平和な生活を営むことができますように。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

出初式のふん闘記 [健康]

まさかの苦闘の出初でした。
9時ホテル出発の北海道神宮初詣のバスを予約していた。
8時15分に便所に入り今年初の「うん」出し。
ところが「うん」は腸の中の方が居心地がいいのか出ようとしない。
腸の方は早く出ろ、と圧力をかけるが「うん」はそういう訳にはいかぬ、頑張り続ける。
風太郎はこの狭間に油汗がでるし、踏ん張りで顔は赤くなる。
8時30分、出発10分前にはバスの出発集合場所に行かなければならないが
まだ20分あるからと、気分を落ち着かせ「うん」よ早くでてくれ、と頼む。
「腸」はわかった、負けせておけと力一杯「うん」を押しやる。
しかし「うん」は負けじとすごい力で抵抗をする。
風太郎はますます苦しくなり「早くなんとかしろ」と叫ぶが、耳をかさず両者の綱引きは続く。

妻も、コーヒーを飲めばいいとかウォッシュレットでマッサージをすればいいと援語(護)する。
便器に座ってコーヒー飲むのは初めて、味わうには程遠く脂汗が出るのみ。
8時45分初詣を諦め、フロントに断りの電話をする。
風太郎は立ったりして姿勢を変えたりするが、一向に状況は変わらない。
こうもん様は痛くなる。気分は悪くなる。いつになったら解決するのか。
運は手で掴めというので、「うん」を手で掴んで出したいが、その状況ではない。

9時15分、1時間たったが進捗なし。
苦しむこと90分、ポトンと小さな塊が水に浮かんだ。
風太郎は「やったぁ」と感激。あとは順調に「うん」でてきてめでたしめでたし。

しかし、そのあと「こうもん」の痛みは引かず、椅子に座ることもままならず、寝台に横になる。
女性の産みの苦しみが分かった気がする。
3時間ほど休み北海道神宮初詣に出かけるが、それは次回に。

nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

元日の一日 [なんでも一番]

今年の最初の日、元日は4時に起きました。
5時過ぎに初ブログを掲載。
7時過ぎに家を出て特急列車で札幌へ向かいます。
家を出たときには雪がひらひら降っていましたが、白老を過ぎる頃は雲間から初日の出が
頑張って顔を出そうとしていました。
0019.jpg
札幌駅構内のストーブは、列車の待ち時間の人たちでかこまれています
IMG_0024.jpg
まずはホテルに向かい荷物を預けます。ホテルに飾られた謹賀新年
IMG_0025.jpg
札幌司教座教会(司教がいらっしゃる教会)へ向かい、勝谷司教司式の元日のミサに与りました。
IMG_0050.jpg
IMG_0037.jpg
勝谷司教は、お互いに慈しみを持つことが大事、それに反するのは無視だと説教
IMG_0029.jpg
ミサの後は希望者にお雑煮が、味付けもよくお餅が2枚も入っています
IMG_0047.jpg
大通公園行き蕎麦屋「八雲」へ。まずはビール
IMG_0052.jpg
ビールでは収まらず、盛そばを注文しておともにし日本酒グイグイ。
IMG_0058.jpg
お正月の買い物などでにぎわう狸小路を通り抜けてホテル着
部屋の正面は大倉山スキー所の景色
IMG_0060.jpg

夕飯は、ホテル内のレストランは混雑し落ち着かないので、近くの吉野家へいく。
(おかげでホテルの十分の一で済み1300円、年金暮らしのケチケチ生活の始まりです)


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信じる「愛」を持っていますか [心の栄養]

新しい年には、
小さなことでいいから、
一つずつ自分に課してゆくものをつくり、守ってゆこう。
それが「自分らしさ」というものをつくってゆく近道ではないだろうか。
PHP文庫 渡辺和子著「愛と励ましの言葉365日」より

皆さま
あけましておめでとうございます
今年も皆さまにとって良い年でありますように!


今年は、自分にできる小さな事
例えば
約束の時間を守る
笑顔で人に接する
短気を起こさない
高望みはしない
サルものは追わない
このうち一つでも実行できるように、この1年を過ごしたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします
nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る