So-net無料ブログ作成

寒い東京 [今日の天気]

朝から小雨が降っていました。
午後から本降りになるという予報なので、
予定を大幅に変えてどうしても外せない1件のみとしました。
場所は秋原駅から割合と近いので、ヨドバシに寄りたかったのですがガマンしてホテルへ戻りました。
寒い北国から東京へ出てきて風邪を引いたというのでは洒落にならん。
と言っても北国よりは薄着、府中駅に着いた時には風は冷たく耳が痛かったです。
日本酒と葡萄酒を買ってきて部屋で身体を温めています(呑む言い訳でした)。
nice!(23)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弱立強座 [いろいろな思い]

昨日から東京に来ているが、つくづく思うことがある。
弱肉強食でなく弱立強座だ。
乗り物。、特に電車は扉が開くと降りる人が降りる前に、元気のいい人は小走りに座席に座る。
そして下を向きスマホ、そこが優先席であろうが当たりのことは一切気にしない。
目の前にやっとのことで優先席に着いた弱者は、恨めしそうに見おろし吊革につかまる。
情けない光景だ。

nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

多情多恨 [心の栄養]

多情多恨は愛徳に反する傲慢であり、
ゆるしの掟を忘れさせ、友だちの心をとおざけ、
同じような性質で、わたしたちより、
もっと強い人が見出されるまで、
すべての人からにくまれるものとします。
こうして感情を害し、
不機嫌となり、
おこりだして悪い印象を与えるのです。

ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

風太郎は、自制心、人を愛し慈しむ心が大切だとあらためて思いました。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

萩と紫陽花 [植物]

9月30日、小樽で見かけた見事な萩、季節外れの紫陽花です。
IMG_0353.jpg
萩の下にはススキが
IMG_0349.jpg
IMG_0347.jpg
IMG_0362.jpg
IMG_0358.jpg
妙龍寺というお寺、天狗山の近くです。
IMG_0355.jpg

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

愛をこめて生きる [心の栄養]

今日に心をこめて生きるということは
とりも直さず
その二十四時間を構成している「今」をたいせつにするということであり、
今の心と書いて「念」という字になるように、
念じながら、
祈りながら生きることは、
次の瞬間を
またその積み重ねである一生の充実をもたらすものとなる。

PHP文庫 渡辺和子著「愛と励ましの言葉365日」より

今の積み重ねが人生の終わりに精算される。
精一杯自分を慈しみ負にならない人生を送りたい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

登別温泉の紅葉 2 [旅行]

登別温泉の紅葉 1は10月16日、1か月以上も経ってから2回目、
風太郎のずぼら丸出しです。もう紅葉前線は遠ざかりましたので今回で終了となります。

いきなり紫陽花
季節外れと思われますが、元気に咲いています。
来年の10月頃是非登別にいらしてください。
IMG_0554.jpg
IMG_0556.jpg

新婚さん?「おめでとう~」と言いましたらニコリとしました。
IMG_0569.jpg
IMG_0563.jpg
IMG_0565.jpg
IMG_0573.jpg
IMG_0566.jpg


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北の湖逝去 [事件・事故・災難]

突然の北の湖理事長の「死」にはビックリしました。
風太郎の記憶には、ともかくにくたらしいほど強い、今度こそ負ければいい、と
思いながらテレビジョンを観ていました。
勝ってあのふてぶてしい態度が、体力のない風太郎にはたまらなく憎かった。
北国に越してきた翌年、雪解けの5月に車で壮瞥を走っていたら小さい国技館が
見えたので行ってみましたら、北の湖記念館でした。
北の湖記念館.JPG
北の湖正面像.JPG
北の湖像.JPG
北の湖像2.jpg
北海道出身は知っていましたが、まさかこんな身近の出身者とは知りませんでした。
記念館の隣には、日帰り温泉にゲートボール場があります。

風太郎には、北の湖が持っている「ふてぶてしさがない」という劣等感があり
入場料まで払ってみることはないと思いました。
それから数回通っていますが、思いは変わりませんでした。
でも訃報を報道で知り、そして北の湖の相撲人生にかける真摯な態度に
自分の思いこみの過ちを知りました。
猫だましなど姑息な技でなく、身体で体当たりしていくあの憎たらしい
勝ち方に感服している、こういう天邪鬼な応援者がいたんだと、天国で笑ってください。
ご冥福をお祈りいたします。


nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

よい人になりたいならば [心の栄養]

もしよい人になりたいならば、ただ三つのことを実行にうつすと、
すべてはうまくいくでしょぅ。
この三つのこととはそれは、
よろこび、
勉強、
祈りです。
これはすぐれたプログラムであって、それを実践しながら
あなたは幸福に生活をおくり、
自分の霊魂に大きな利益をもたらすことができるのです。

ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

よろこびも勉強もそして祈りも、人から与えられて成果を得るものではありません。
誰でも自分次第でよいひとになりうるのです。
この三つはそれぞれ、感情豊かな人、勉強がよくできるひと、熱心に祈ることができる人
など様々な人がいますが、価値観はみな同じだと思います。
大きな生きがいをもって、日々人々のために過ごすことができれば、
身も心も充実したものとなるということだと思います。

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほめ言葉や非難 [心の栄養]

ほめ言葉や、

非難にあまり心配しないでほしい。

ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

自分をしっかり見つめ、自分を愛していれば
周りから ちやほら されようが、批判されても動じることはない。
周りからの意見で自分を見失いようにしたいです。

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暖房を入れました。 [なんでも一番]

寒さには勝てず暖房のスイッチを入れました。
朝の室内の温度は5時16.2度、7時15.4度、朝食の準備をしたので今は16.8度
多少室内の温度は上がったが、曇り空なので寒い。
寒い誘惑には勝てず、暖房のスイッチを「切」から「入」。
するとタンクからお湯がパネルへ回る音がし、パネルは瞬く間に熱くなりました。
室内設定温度は20度。
いまの外の気温は6度ですが、これからはマイナスの日が多くなり
冬時期の光熱費は約5万円、お財布にも寒い冬がやってきます。

厳冬期がなければ北海道ではない。
厳しい寒さと仲良くしていかなければ、春はやってこない。
気合い、我慢してカツを入れ身体を硬直することなく冬を楽しもう。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あららNICEが5桁に [なんでも一番]

気がついたらNICEが5桁になっています。
皆さま、ありがとうございます。
NICEをいただく内容ではありませんので気恥ずかしいです。
これまでに8年半かかっていますので、7桁までは生きていそうもありません。
が、長く細くお付き合いの程お願い申し上げます。

nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いろんな欲 [心の栄養]

人間はいろんな欲を持っている
あまりの欲深さにあきれ返るときがある
そいう心をもって日々送るのがいいのである。

共伸出版刊 吉田良夫著「仏教 仏陀のことばより」

自分の心を見つめると、無欲という偽りの欲。
物欲、情欲、貪欲という本心。
恥ずかしい欲をたくさん抱えて今日も生きている自分。
「欲」と向かい合って今日は過ごして行こう。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の天気 [今日の天気]

昨日から新十津川に来ています。
途中ワイパーがきかないほど強い雨にあいましたが、無事につきました。
今朝5時に起きて外を出てみたら、雲が少しかかっているが温かい。
温度計は10度です。
雲がとれ日が差し始めると気温はぐんぐんあがり16度。
義姉の隣家のブロッコリー畑をよく見ると、拳大のブロッコリーがまだ残っています。
義姉は小さくても味に義姉はは変わりがないといわれ、大きなレジ袋に3袋とると汗ばんできました。
義姉は家の中で「今日はぬくい」と言い、上は下着1枚で張り切っています。

北国に越してきて2週間余りたった今頃は大雪が降り「これが根雪になるかも」というと
近所の人から「年が明けないと根雪にならない」と笑われました。
しかし、それが根雪になり大雪が暫く続き先人もビックリ
「雪が東京の人を歓迎している」と言われたのを思い出します。

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人間としてどう生きるか [心の栄養]

一生というものは、
ぶつぶつ不平を言っていても時間がたつし、
そうでなくても時間が同じにたつので、
とにかく自分らしく生きることが大切だと思います。
PHP文庫 渡辺和子著「愛と励ましの言葉365日」より

今日は七五三のお祝い。
親たちが主役で、祝宴をあげ祝い騒ぐのではなく、
子供たちが自分らしく生きる節目をお祝いしたいと思います。


nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

函館の漁港 [旅行]

函館の市内電車に乗り終点「函館どっく前」で下車。
此処は今年で2回目、最初は4年位前で飾り気の無い町の雰囲気が好き。
IMG_0709.jpg
IMG_0662.jpg
二階建ての壁には「ギターを抱いた渡り鳥」のポスたー。
IMG_0701.jpg
いまはイカの最盛期なのでイカ漁船が連なっています
IMG_0675.jpg
IMG_0668.jpg
IMG_0669.jpg
漁師さんは
「最近の漁場は、周辺諸国の小さな船が大量にやってきて採ってしまう。
漁網は禁止されているが、わかったもんじゃない」
と嘆きながら道具の整備に余念がありません。
IMG_0687.jpg
イカのスミが大漁旗?
IMG_0683.jpg
IMG_0684.jpg
大漁を願って船が出ていきます
IMG_0694.jpg
IMG_0677.jpg
nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

学校外での先生 [いろいろな思い]

函館市の呑み屋さんで聞こえてきた話。
5時過ぎ、店が開いて間もないので、風太郎が最初の客だろうと小上りに上がった。
が、しだれで仕切られた隣の小上りには、学校の先生らしき若い二人が上機嫌。
競輪の帰りらしく、配当金が入ったものと思われる。
煙草を肩肘で吸いながら、今日の競輪のおさらいを大きな声でしている。
スマホからは自分のお気に入りの音楽がながれ、止まったと思えば大きな声での電話。
煙草の煙はドンドン風太郎の方に流れてくる。
風太郎は煙草を吸わないので気になるが、それにはお構いなし。
校長や教頭の話になりやがて生徒の話になった。
「おれはね、生徒には教訓話などはしないね」
「オレも、しない。話しても何の意味もねえょ」
あなたのような先生は、教訓しない方が賢明です。
生徒がいじめで自殺したことが報道されて間もなくなので、情けなくなってしまった。
能ある鷹は爪を隠す。
内容が内容だけに大きな声だと自分たちの恥になりますヨ。
もっと小さな声でも十分聞こえますからネ。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インフルエンザ予防接種 [生きる]

昨日インフルエンザの予防接種をしてきました。
夕方でしたので、学校帰りや塾帰りの子供連れの親子で院内は溢れています。
風太郎の診察する前に、幼稚園年長位の子どもが注射されようとしている。
子供は不安を吹き飛ばそうと母親に盛んに話しかけています。
やがて「ちょっと ちくっとするけど、我慢してね」と看護師が注射器を見せた瞬間に
泣き出し、逃げ出そうとしますが、母親と看護師にしっかり押さえれています。
「はい、終わりましたよ。よくがまんしましたね。おりこうさん」と看護師に言われ
「どこに注射したの?」と子供は注射したところを探しています。
痛みを感じなかったので、針を刺したのも抜いたのも分からなかったのです。
風太郎は、あまりの可愛さに吹き出してしまいました。
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道草 [いろいろな思い]

子供見回り隊をしていると、いろいろな場面にあう。
ある日、女の子二人がしゃがみ込んでなかなか立ち上がらない。
傍を通りかかったご婦人がどうしたのかと二人を見下ろしていたが
やがてそこを立ち去ってしまった。
しかし女の子たちはまだ佇んでいる。
風太郎は心配になり声を掛けると
「カタツムリにタマムシ(似ているが違う虫でした)が丸くなってもぐりこんでいくか
観ているの」
と虫をカタツムリの貝の入り口に差し込んでいる。
虫はそんなこと「まっぴらごめん」と逃げ出そうとするが、女の子たちは
逃げ出す虫をまた押し込めようとするが、とうとうあきらめてしまった。

1年生の男の子3人は、大工仕事をしている職人さんの手先をじぃっと眺めながら
いろいろと質問をしている。
大工さんは小さな子供たちの質問に丁寧に答えているので、
子供たちは余計に興味を持ち熱心に見ている。
やがて子供たちは帰りはじめた。
10メートルほど歩いたところで振り返り
「おじさん、お仕事頑張ってください!」
と声をそろえて大きな声、それには大工さんもにっこりです。

子供を車で送り迎えする親がいるが、やはり通学は道草も教育・勉学の一つと思い
学友同士で通学させたほうがいいと思う。

子供たちが下校の時間なのでボチボチ出かけます。



nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

権力・支配権を正しく行使する [心の栄養]

王たちよ、聞いて悟るがよい。

地の果てまで治める者たちよ、学ぶがよい。

多くの人々を支配し、その国々の数を誇る者たちよ、耳を傾けよ、

あなたたちの権力は主から、支配権はいと高き方から与えられている。

主はあなたたちの業を調べ、計画を探られる。

あなたたちは国に仕える身でいながら正しい裁きをせず、掟を守らず、

神の御旨にそって歩まなかった。

神は恐るべき姿で直ちにあなたたちに臨まれる。

上に立つ者は厳しく裁かれるのだ。最も小さな者は憐れみを受けるにふさわしい。

しかし、力ある者は力による取り調べを受ける。

万物の主はだれの顔色もうかがわず、強大な者をも恐れない。

大いなる者も小さな者も、御自分が造り、万物を公平に計らっておられるからだ。

しかし、権力者には厳しい吟味が行われる。

支配者たちよ、わたしはあなたたちに言う。

知恵を学び、職務にもとることがないように。

聖なる掟を聖なる手段で守る者は、聖とされ、掟を学んだ者には弁明の道が開かれる。

わたしの言葉を熱心に求め、慕うがよい。

そうすれば教訓が身につくだろう。

(知恵の書 6章1節-11節)



今朝のミサに中で朗読される聖書の一部です。
国には為政者、家庭においてもそれぞれの権力者や支配者がいる。
学校では校長が教師や生徒を束ね導く。
くだけたところでは、忘年会などでは「鍋奉行」がいる。
家庭では父親が家族全体を幸せに生活できるように配慮し、
それに必要な権力・支配権を行使する。
その知恵や知識は、知らずのうちに親などから教えられ学んだものだ。
子供や親に、親は祖父母に、祖父母は曽祖父母に、曽祖父母は……
たどりつくのはご先祖、ご先祖のもとは創造主の神。
権力・支配をするものにたいして、
神は良心を通して、いつも職務に忠実であるようにと呼びかけています。



nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

白菜のお浸し [主夫]

今朝のNHKあさイチで、白菜の料理や栄養素などについて放送していた。
白菜の栄養などの学問的なことは分からないが、風太郎は白菜やタマネギなどを
咄嗟の食卓の一品にすることがある。
八分の一位の白菜をブツきりにしてシリコンスチーマーに入れ電子レンジでチン。
時間の目安は特別にない。野菜の湯気でレンジが曇ってきてら取り出す。
それに
ドレッシング(各種あるのでその日の気分で)
或いは
お茶漬けのふりかけ(   同じ     )
熱いうちにドレッシングをかけて混ぜる。味が染みたら汁を絞る。
汁はもったいないので味噌汁に混ぜる。
白菜の量はやく半分に減少し、白菜やタマネギの甘みもあり美味しいです。



nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

希望が支えてくれる [心の栄養]

さあ、勇気を出しましょう。
忍耐がなくなろうとするとき、
希望がわたしたちを支えてくれます。
ドン・ボスコ社刊「聖ヨハネ・ボスコのすすめ365日」より

希望があるから忍耐するんですね。

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わけのわからん非常電話 [旅行]

函館に行き途中で雲石峠で車を停めてしばし休憩。
峠なので景色や休む場所があると思い込み車を降りた。
当たりを見回すと
日本海の江差までの距離の標識
IMG_0538.jpg
雲石峠の石碑
IMG_0543.jpg
非常電話の案内
IMG_0540.jpg
IMG_0541.jpg
近寄ってよく見ると
IMG_05412jpg.jpg

お役人様、非常電話という意味をご存知ですか?
これでは折角の「非常電話」が「非情電話」になってしまいます。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神を利用して商売をしてはならない [心の栄養]

ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスはエルサレムへ上って行かれた。
そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている者たちと、
座って両替をしている者たちを御覧になった。
イエスは縄で鞭を作り、羊や牛をすべて境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、
その台を倒し、鳩を売る者たちに言われた
「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」
ヨハネによる福音 2章13節-17節

祭司たちの中には、神殿で捧げるいけにえの動物たちを売ったり、あるいは異国から来た
巡礼者の両替をして儲けているものがいた。
それを見た神の子であるイエスは、父の住まいである神殿を商売の家としてはならない、
とその者たちを追い出したのです。
いまはキリストもどき、仏教もどきの新宗教が沢山あり、もっともらしくキリスト教、
仏教の教えを説き、定期的な刊行物である新聞や雑誌を強制的に購読させたり、
霊感商法で粗悪なものを高額で売り大儲けしている宗教団体があります。
イエスがいうささげものとは、神を敬い、お互いに愛し合い、裁かず、
義を求めて生きなさいということです。
神様はそれぞれの人の心の中の神殿に住まわれていますので、
邪な考えや、憎しみ、怠り、物欲などで汚さないようにしたいと思います。
キリスト教、仏教の教えだと言いながら、信じないと地獄に落ちるなど
精神的に恐怖に陥れたり、物品を売りつける宗教が勧誘しに来たら
それは偽宗教だといえるかもしれません。

nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

函館朝市 [食べること]

函館の二日目のお昼は観光名所、朝市に行きました。
5年位前にも行きましたが相変わらずの賑わいです。
店に入りまずはビール
IMG_0592.jpg
妻は海鮮丼
IMG_0594.jpg
風太郎は、お目当てのイカ刺しができるまで
IMG_0593.jpg
IMG_0595.jpg
そしてお好物のイカ刺しが出てきました。半透明で甘みがありさいこ~。
IMG_0597.jpg
昼間から贅沢をしてしまいました。

nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分と他人の欠点 [心の栄養]

自分の欠点を隠すのは当然のことです。
それにしても、
他人の欠点を知ったとき
なぜ喜ぶのでしょう。
ドン・ボスコ社刊「聖フランシスコ・サレジオのすすめ」より

自分の欠点を自慢する人は滅多にいない。
風太郎も沢山の欠点があるが、それを知られたくないし
知られないように隠す。
隠すというのは、人に知られないうちに直そうという気があるからだ。
そういうときに、ひとから風太郎の欠点をあからさまに言われるといやな気分になる。

誰しも自分の欠点は気にしていると思うので、
それをあたたかく受け入れることが大事、と風太郎は解釈します。


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あじゃぁ、女風呂にはいちゃった! [どじ]

函館に来て三日目です。
朝5時に起きて早速風呂へ、まずは湯船に入る前に冷水をいっぱいコップに飲みます。
呑みおわり振り向くと髪の毛が綺麗に白くなった紳士が後ろ向きにいましたので
「おはようございます」とあいさつをするとその方も「おはようございます」と
風太郎の顔を見ると
「あら、間違ったかしら。ここ男風呂ですか?」
「?!……」
風太郎はもしかしてと入口にいくと「女性用」という赤い暖簾が下がっています。
夜中に男性、女性が入れかわるのを失念し、寝ぼけ頭で入ってしまいました。
「間違えました、失礼しました」と慌てて隣の男風呂に行きました。
人がまだ少ないので大事にならずよかった!!です。



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

函館の朝 [旅行]

昨日から紅葉を追いかけて函館に来ましたが、紅葉の方が逃げ足が速かったようです。
お風呂から外を眺めると朝陽が上り始めていました。
綺麗だったので慌てて部屋の戻りカメラでパチリ。
IMG_0556.jpg
窓ガラスに映りこんだ朝陽
IMG_0559.jpg
五稜郭は朝もやの中
IMG_0563.jpg
今日は市電でのんびりと函館市内をまわります。

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

隣人愛 [心の栄養]

 (皆さん、)互いに愛し合うことのほかは、だれに対しても借りがあってはなりません。
人を愛する者は、律法を全うしているのです。
「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな」、そのほかどんな掟があっても、
「隣人を自分のように愛しなさい」という言葉に要約されます。
愛は隣人に悪を行いません。だから、愛は律法を全うするものです。
(ローマの信徒への手紙 13章8節―10節)

今日のミサの中で朗読される聖書の一部です。
今日の聖書はキリスト教の根本的な教えがあります。
風太郎にとって「隣人を愛する」はちょっと照れくさいことばですが、
他人を大切にし、いたわりましょうと解釈すればいいのかなと、思っています。
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生活の規範 [心の栄養]

 (皆さん、わたしたちは)数は多いが、キリストに結ばれて一つの体を形づくっており、各自は互いに部分なのです。わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っていますから、預言の賜物を受けていれば、信仰に応じて預言し、奉仕の賜物を受けていれば、奉仕に専念しなさい。また、教える人は教えに、勧める人は勧めに精を出しなさい。施しをする人は惜しまず施し、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は快く行いなさい。  愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。聖なる者たちの貧しさを自分のものとして彼らを助け、旅人をもてなすよう努めなさい。あなたがたを迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません。喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。互いに思いを一つにし、高ぶらず、身分の低い人々と交わりなさい。
(ローマの信徒への手紙 12章5節-16節)

今日のミサのかで朗読される聖書の一部です。
ここでいう預言は文字通り、預かっていることばで、
人は生まれながらにして神仏から自分の果たすべきことを役目を預かっています。
神仏の役目は沢山あるので、それを人々に分散させ、
人々がそれぞれ己の役目を果たすことにより、神仏の意向に沿うのではないでしょうか。
その働きには上下はなく、平等です。
世界中で難民が問題になっていますが、
互いに思いを一つにして手をつないでいければと思います。


nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

language of charity [心の栄養]

ベネズエラに修道会を創設したころ、
若いシスタ‐たちの何人かが、
興奮し、少し神経質になって、尋ねました
「言葉も習慣もわからない新しい国で、
わたしたちはどのようにゃっていけるのでしょぅか?」
わたしはこう言いました。
「何も心配は要りませんょ、
あなたがたは、愛の言葉、
この、だれもが理解できる言葉を話せるではありませんか。」
質問は続きました。
「何を持っていったらいいのでしょぅ?」
わたしは答えました。
「わたしたちの心と、わたしたちの手を。」
(女子パウロ会刊「マザー・テレサ日々のことば」より)

いまは、大災害が起きると、国に関係なくすぐに行動を起こし
助けに行く人が多くなりました。
大きな災害に遭われた人は着の身着のままですが、奉仕活動に行く人も自分の身なりよりも
救助活動を優先して一刻も早くと災害地に赴きます。
心(愛の言葉)と手(実行)が伴う行動は世界共通語だということを
あらためて認識させらました。


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る