So-net無料ブログ作成

richness [心の栄養]

いったんお金に執着すると、
そのお金が与えてくれる、
いろいろな余分なものへの執着も起こります。
わたしたちの必要は増えていき、
ひとつのことから、また別のことへと、
限りない不満に陥ってしまうのです。
(女子パウロ会刊「マザー・テレサ日々のことば」より)

人間の欲望は限りがない。
お金はいくらあっても邪魔にならない。
でも、お金は食べられず、お腹を満たしてくれない。
権力をほしいままにしたい。
しかし、権力を食べることができない。

風太郎は、ゴルフ友のクラブが欲しかった。
その夢がかない、先月 ゴルフ友は僕にくれた。
しかし、五十肩でクラブを持つのも難儀で振ることなどはできない。
欲はかなえられたが、虚しい。

趣味で道具などにこだわり、自分の力量を忘れている人がいる。
風太郎は若い時に釣りにこだわり、一か月の給料を釣り竿に費やしたこともあった。
しかし、竿が良いからと言って満足な釣果が得られるとは限らない。
それなりの魚の習性や魚の住む環境、そして自分の技量が大切なのだ。
それが分からないと、隣でちょうしよくあげている釣り師の釣り竿が欲しくなる。
この欲望は果てしない。そして虚しさも果てしなくついて回る。

自分が持っているものに満足することを知れば、
限りない不満に陥ることはないと解釈しました。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る