So-net無料ブログ作成
検索選択

墓で孝行するよりも [心の栄養]

二人の友達が、喫茶店コーヒーを飲みながら話しています。その一人が、ぼやきました。 「最近、母親からの電話には、うんざりだよ。たまに見舞いに行けば、年寄りの言うことは、 同じ話ばっかりだしさ。結局、いろいろ口実つけて、足が遠のいているところなんだ。」 「僕は、君と反対で、母とはよく話すよ。悲しい時や、問題を抱えてる時なんか、 母のところに行っては力をもらってるよ。」 「まあ、君は僕よりりっぱだよ。」と、一人が少し心を痛めて答えると、 その友達は悲しげに言いました。 「いや、僕も母と墓で会うようになるまでは、君と同じだったんだ。母は少し前に亡くなったが、生きているときには、僕も母のところにはほとんど行かなかったよ。‥‥でも今では、皮肉にも、僕には母の存在が必要になってる。母がもういないんだということを深く感じているよ。母が逝(い)ってしまった後で、僕は母を求めているんだ。‥‥もし、僕のこの体験が役に立つなら‥‥お母さんが生きているうちに話しておけよ。一緒にいられることを喜んで、お母さんのいいところを認めて、欠点に目をつぶってごらん。お母さんが墓に入るまで待たないことだ! そこでは後悔の痛みが大きくうずいて、あるのは、やり直しのきかない、埋めることのできない大きな穴だけだよ。僕の二の舞にならないように願ってるよ。」 この友達の言葉を、彼は帰りの車中で思い返していました。そして自分の事務所に戻ってから、秘書にこう言いました。 「母と電話をつないでください。他の電話をまわさないようにお願いします。それからスケジュールを変更してください。今日は、母に捧げる日にしたいから。」 せせらぎ「心の散歩」より

母の日にお墓参りに行く話を聞いたことがあります。
風太郎は母の日には墓参に行ったことがありませんが
墓前で手を合わせると知らぬ間に父親・母親に心の中で会話が弾み
生きていた時には言えないことでも、墓前では照れもなく遠慮なく話せます。

生きているうちに、もっと話をしておけばよかった。




nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 17

コメント 2

いっぷく

>生きているうちに、もっと話をしておけばよかった。
ご両親との関係が悪くない時に他界されたんですね。

親が負の遺産をしこたま残していることが後でわかると
別の意味でそう思うんですけどね(汗)
by いっぷく (2017-05-15 08:56) 

風太郎

精神面でも、財産でも負の遺産を遺されると後ひきますね。

by 風太郎 (2017-05-17 13:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る